FC2ブログ
【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
房室ブロック
オヤジは身体障害者1級だ。
房室ブロックのため、心臓にペースメーカーを入れている。

ペースメーカーの手術の時とかで、下の世話をするのがとても苦痛だった。
どうして嫌いなオヤジのクソの始末をしなくちゃいけないのか!と。
(その10年後、脳硬塞で倒れたオヤジの下の世話を再びすることになるのだが。)

嫌いとか好きとか問題じゃなくて、
下の世話ぐらいできるようになるべきだと思う。
看護士さんなどの苦労がよくわかる。わかっておくべきだ。
看護婦の服装に欲情する人がいるけど、僕にはそれは無理。
あの服装は、命と闘っている姿のスーツだからだ。

話が少し逸れた。
房室ブロックによってペースメーカーを入れたオヤジに向かって母は言った。
「人造人間キカイダー。」
迂闊にもうまいこと言うなぁ、と思った。

で、その後、母は肺癌で死ぬ。
母方は癌家系だ。
ついでに父方は脳硬塞家系。
しかも房室ブロックも遺伝する可能性大らしい。

自分は、どの病名で死ぬのかな?って、
タバコと酒を鱈腹やりながら呑気に思っている。

「僕はどの病気で死ぬと思いますかね?」って友人たちに聞いたりしたら、
「自殺に近い……。(その後、言葉を濁す)」って言われる(苦笑)

仕事ですごく世話になった人が、自殺によりミイラ化死体で発見された時、
僕は仲間らにすごく見張られた。心配された。
自殺した人の影響を受けないかと。
僕はあの時、過労死を目指していたのになぁ。

死に方も産まれ方も選択できない。
でも、生き方は選択できる。
僕はどうやら悪い方向へ流れているみたいだけど…。
でも、後悔はしていない。
タバコも酒もうまいし、仕事は全力投球(のつもり)。

人造人間で、左半身不髄で、痴呆もきているヨタヨタのオヤジが言った。
「長生きしたいなぁ…」

僕には理解できない。
僕は子供は作らないから、初孫を見る機会もなかろうに。
しかし、僕以外は誰一人として見舞いにも来ない
老人ホームの中でオヤジは待っている。
幸せを待っているのか、死を待っているのかは知らないが。

オヤジを嫌いなことも、憎んでいたこともすべては愛情表現の一部なんだろう。
僕は今、難解な公式を解こうとしているのか?
たぶん正式な答えは出ないだろうけど。


2005年04月10日03:38

関連記事
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。