FC2ブログ
【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュート
いつか届くだろう



 本心を言うと、もうこのまま埋もれていってそのままでいいじゃないか、と思った時期も相当あった。目指していた所が虚無だとわかったし、何も見据えないで暮らし過ごすことは苦痛でしかなかった。

 まだ頸椎も精神もリハビリ中で大袈裟なことは言えない身分だけど、僕は僕を再開する。再び同じ土俵に立とうとは一切思わないが、新たな居場所を見つけて立ち上がる。

 いったい何が僕をそう思わせるのか皆目見当もつかない。このままでは生きている意味さえ無くなってしまうという強迫観念に駆られたわけでもない。

 ただ、「時間を置く」というのは大事なことだとわかった。精神的なことが人間相手から来ているものだとしたら、時間を置くことで相手が変わったり死んだりして環境が激変するからだ。かく言う僕も抱えていたことがいろいろ時間を置くことで解決しつつある。新たに抱えるものが増えた感もあるが。

 もうブログなんぞを書くことに辟易していたのもある。今じゃあ、素人だってミミズだってオケラだって毎日のようにブログを更新する、Twitterで上手いことをつぶやく。毎日なんらかを書いている人の文章は、いつのまにやらちゃんとした読み物に成長している。だが、くそつまんない。この、くそつまんなくなった僕がくそつまんないと言うのだから、こなれたブログを読むことの退屈さは相当くそつまんないのである。くそつまんないブログにポイズンなのである。

 だからって僕はブログで立ち上がったりはしない。僕はもうある程度の人生の痛みや苦しみなどの出来事を文章を書くことで消化してしまった。くそつまんないことしかもう書くことは滅多になかろう。それでも何か動き始める光明を目指そうとしているのは、頸椎のリハビリがやや順調だからかもしれない。

 とにかく僕はくそつまんないものを尻目に見ながら、重い重い腰をようやく上げる。たとえその上げた腰が悲鳴をあげようとも。


 いつか届くだろう。まずは投げてみろ、自分!
 それだってシュートだ。

 
関連記事
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。