【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中村つよし『愛のカタチ』
 心を「ココロ」だの、すぐを「スグ」だの、わざわざ片仮名にする表現が嫌いだ。大嫌いだ。しかし、旨いを「ウマい」とするのは許す(なぜなら、僕が多用するからだ)。
 心の場合は、「必」の延長で作りました的な書体が嫌いだ。「写植屋さん」という商売があったずっと以前からの悪しき慣習だ。心という字の書き方は、小学3年生の頃に敬愛した、石山先生にじっくり教えてもらったからなおさらなのだ。

 こんなに言いながらも例外ができてしまった。今日初めて聴いた中村つよしさんの曲にだけは許す。いや、許してくださいとまで言ってもいい。素晴らしい声と詩に、絶妙なピアノのメロディ。聴けばわかるだろうが圧倒されないわけがない。
 逝ってしまった誰か、往ってしまいそうな誰か、大事な誰かに僕はこの曲を捧げたいくらいだ。
 どこかの歌手の声に似てる、なんて言われたっていい。メロディが聴いたことあるような感じ、って言われたっていい。 わんぱくでもいい。たくましく育ってほしい(丸大ハンバーグ) これからもっともっと彼はブレイクすると思う。
 ちなみに僕は、別の意味で頭がブレイクしているが……。

 彼の曲『愛のカタチ』は、中村つよしさんのmyspace.com(←クリック)内で、無料で全部聴けます。『カセキ』って曲もいい。いや、良すぎ。
 僕は、本当に「もしもピアノが弾けたなら」気分になってしまった。いつまで経ってもカラオケでしか本領発揮できない歌声が悩ましい。

 すかさず、中村さんのブログをブックマークした。2009年1月12日の日記に出てくる「絵本作家」とはいったい誰だろう?
 たぶん、僕が知っている(向こうも僕を知っている)人物のような気がする……。絵本方面の方々、教えて!
 とにかく、注目したい。そして、彼に拍手を贈りたい。
 
 








【追記】
 YouTubeで動画はないかな?と探したら、「短縮版」がありました。僕みたいにテレビもワンセグ受信機能付きケータイも持ってないと、流行にも乗り遅れるのかなあ。






copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。