FC2ブログ
【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誠実へのサイレンはなかった
前回の日記の関連記事URL(※httpは、わざと省いています)
://netafull.net/neta2008/026723.html
://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080728-00000134-mai-soci
://mainichi.jp/select/jiken/news/20080729k0000m040028000c.html
://www.asahi.com/kansai/news/OSK200807280136.html
://ratio.sakura.ne.jp/archives/2008/07/29213823/




<毎日新聞より引用>
急激に水位が上昇すると逃げ場を失いかねず、随所に注意看板が立っているが、危険を知らせるサイレンなどの警報装置はなかった。県は「普段から付近の学校などには危険性を知らせる冊子を配っている。今回はわずか10分で水位が急激に上昇しており、想定外の事態だ」と説明した。

 国土交通省六甲砂防事務所の大下正和副所長は「六甲山は海岸線までの距離が2~4キロと短く、直線的で急こう配の川が多いため、はんらんや鉄砲水が起きやすい」と指摘。1938年7月の「阪神大水害」では、阪神間の多数の河川がはんらんし、616人が死亡。その後も、鉄砲水が日常的にあるという。
<引用終わり>




 こんな「川で遊ぼう」みたいな整地をしてある川で?
 鉄砲水が日常的にある川に遊歩道?
 六甲山を削ったんじゃないのか? その土で「使えないことで評判の神戸空港」を埋め立てて作ったんじゃないだろうね? それとも未だに山削り中?

 特に気の毒なのは、女の子が重みに耐えきれず、手を放したがために男の子が流されて水死したこと。これこそが本当のトラウマだ。男の子も大変気の毒だが、女の子の気持ちを考えると……。男の子は河口で、**************になった状態で発見されたらしい。

 そして、運営委員長(最高責任者)である安藤さんのお人柄の良さを知っているだけに、謝罪の弁を読むと胸がキツく締め付けられるほど痛くなり、吐き気と目眩がした。
 夢とかお金儲けとは別の次元で運営されておられただけに痛ましい。安藤さんは、子どものため、地域のため、自分がやらなきゃならぬと仕事を辞め、私財をほぼ投げ打ったような状態で学童を作った。作っただけではなく、運営方針やご本人のお人柄、真摯なスタッフも皆に好かれた。だから、誰からも愛されているし、僕も安藤さんを尊敬している。

 二十代前半のクソガキだったこの僕を、いっぱしの大人扱いしてくださって、初めてお会いした時から、50歳くらいだった当時の安藤さんは、ずっと僕に敬語オンリーで接してくださった。
 ***さんのお店は、当時確実に神戸一******だった。独創的で何度でも通いたくなるような。凄腕の職人さんが創作への葛藤や人気へのプレッシャーなどで**して失踪したがために、安藤さんが一から勉強してお店を立て直した。職人さんのことは気の毒だったが、無口すぎる人の感情は誰にもなかなかわからないものだ。

 僕は、安藤さん以上に誠実な人をこれまで見たことがない。そんな人がこの事件を自分の責任として全部かぶろうとしておられるのが、記事の言葉の端々から伝わってくる。これから一生、朝起きるたびにこのことを思い出されるのだろうか、と考えるだけで僕も苦しい。

 見返りを求めない本当の誠実さは、必ずしも良き結果のためだけではない。しかし、これが誠実への「報い」だとしたら、あらゆる神仏を叱り飛ばしたいくらいだ。
 うちのボスだってそうだ。こんなにも今まで僕に対して誠実・実直に接してくださっているのに、僕はこのザマだ。本当に悔しくて心苦しくて情けなくて申し訳ない。

 いや、僕なんぞより、せめてもう一度、あの安藤さんのニコやかで無邪気な笑顔が見たい。
 でも、かける言葉が微塵も見つからない。
 今度お会いした時に言う、挨拶の用語さえもわからない。
 どうやって、もう一度お会いすべきなのかも思いつかない。
 まだ、過去の人だという意識には全くなれないし、今の僕では逆に心配されるだけなので会わす顔さえない。


 ただ僕は、どうか皆さんが安らかで穏やかになりますように、と心底願っている。

 
関連記事
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。