【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海のモグラ
父と子がいた。
川辺にいた。

子は訊いた。
「この川はどこへ流れているの?」

父は言った。
「海。いや、“明日”という未来へだよ」

「じゃあ、未来は海みたいにでっかくて広いんだね」
「そうかもな。でも、でっかくて広いだけが海じゃないんだよ」

父と子が会話する後ろには畑があった。
畑には農夫がいた。

農夫は何かを撒いていた。
売れる作物を育てるため、一所懸命に農薬を撒いていた。

農薬が土に滲みた。
それを見た父の心にも沁みた。

農薬を撒くという行為が沁みた。
それより、撒くしか選択肢のなかった農夫の窮状が沁みた。

土の中にいた大量のミミズがモグラが一目散に逃げ出した。
ある一匹のモグラは、土から飛び出て川に落ちて流された。

大量のミミズも川の方へ逃げて落ちた。
ブヨブヨの死骸になった。

ミミズの死骸を魚が食べた。
魚は、釣り人に釣り上げられて食卓に並んだ。

農薬を散布したところに風が吹いた。
その風に乗って渡り鳥が飛んだ。

農薬をたっぷり吸った渡り鳥は猟師に撃たれた。
猟師は農薬の渡り鳥をさばいて食べた。

渡り鳥がいなくなっても、風はずっと遠くまで吹き続けた。
やがて、風は大きな海を揺らし大きな波や小さな波を起こした。

波は果てしなく続いた。
波はある海岸に辿り着いた。

海岸の波打ち際は、風と波の終着駅だった。
砂粒もあれば、ゴミも何もかもがあった。

波打ち際にはあのモグラの残骸が横たわっていた。
今にも動き出しそうな、もう動かないモグラがいた。

僕はそれをずっと見ていた。
しゃがんでモグラに心の声で話し掛けた。

モグラが此所へ辿り着くまでをじっと考えた。
その残骸が朽ちるまで、また風と波が果てしなく続いた。



僕たちの“明日”の一部が海の畔に落ちていた。
モグラの姿をして落ちていた。

小さな小さなモグラよ。
長旅お疲れさん。

あの光景、お前の姿、忘れはしない、無駄にはしない。
たぶん。



これは数年前に見たモグラの話。
金沢の日本海岸にて。


関連記事
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。