FC2ブログ
【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


御花見
 あと少しで4月だ。闘ったあの日々が、花を咲かせる記憶を取り戻した桜の蕾のようにぽつぽつと甦る。約15年も経つというのに、母が逝ったあの日までの僕と今の僕が闘っている。あの憎く忌まわしい癌細胞と闘った母が苦しみながら甦ってくる。

 ここ数年は、某広告記事の作業でそんなことを考える余裕もなかった。数年続いたその仕事も去年で終わったので、僕は春を感じる感覚を取り戻してしまった。てっきり、もう過ぎたことだと思っていたのに……。その仕事をしていた数年間は、ちゃんと御花見をしていない。桜の花をちゃんと見る余裕さえなかった。一度だけ仕事仲間の皆さんに誘っていただいたことがあったが、桜を眺める余裕もなく、ひたすら食い物を漁った。



 生まれて初めて桜の御花見に行ったのは、たぶん小1だった。母と母方のおばあちゃんとジョンおばさんに連れられて行った。すでに逝ってしまったその3人と近江神宮か三井寺か日吉大社か忘れてしまったけども、とにかく比叡山の麓にある桜が咲き乱れる場所へ向かった。
 京阪電車で向かったのだが、3人は御花見に付き物であるお弁当やお茶の類を一切持っていなかった。当時の僕は、御花見イコールお弁当だと思っていたのでとても不思議だった。きっと現地調達するんだろうとタカをくくっていた。

 桜が咲く参道をひたすら歩いた。階段を上ったり下りたりしながら、3人の大人たちの後を追った。いつお弁当を買うのか楽しみにしながら。周囲では、御座を敷いて楽しそうに花見ならぬ、外での宴会に酔いしれている花見客を見ながら。結局、僕らの一行は、桜の花と楽しそうな花見客を見るだけで終わった。ガッカリしながら帰宅したけども、今になってあれこそが本来の御花見の姿じゃないかと気づいた。あの3人は、僕に教える為、あそこに連れて行ったのだ。

 昔は、桜の色を台無しにしてしまう、ホームレスの人たちがテントにして使うような、馬鹿デカくて青いビニールシートを敷いてる花見客なんていなかったように思う。憶えているのは、遠足用の小さなビニールシート、もしくは御座を敷き詰めて自分の陣地を確保していたこと。桜をほとんど見ずに、騒いでゴミだけを溢れたゴミ箱に捨てて帰るような味気ない現在の花見は、「御花見」とは呼びたくない。


 今になって思うことは、亡くなった3人が教えてくれたのは、桜の花と花見客とを眺めながら、世間の人たちの幸せを愛でること。それが幸せというものなんじゃないかってこと。今になってあの幻のような体験は、幸せとはなんだ?の答えを3人が見せてくれたような気がする。そして、幸せに到達した時間は「気怠い一瞬」でしかないということに僕は気づいた。本来ならば、その過程までが幸せというか充実した期間なんだろうけど。

 僕が3人がいる場所へいずれ到達した時には、自分の御座という人生を敷いて3人の御座と重ね合わせて、人生という願いを共有したい。「死んで花“見”は咲くものだ」ということを忘るることなく、いつか壮絶な死に方をした3人と、もう一度あの御花見をしたい。



 倉敷の病院の担当医と初対面時に、カルテやらを視て直ぐに発した、「(命が)保(も)って春まででしょう」の言葉が、あの頃の僕には信じられなかった。だって、桜が咲いた頃に母は生きていたし、生命力の強さを実感して有り難く思っていたのだから。念願の春まで保ったのだから。

 8人部屋の病室に、いけないと分かりながらも一輪の桜の花を持って行った。病室の人たちは、外出すると危険な状態になってしまう方々ばかりだったので、僕が持ってきた花を見て、
「まあ、桜!」「綺麗ねえ」などと言って喜んでおられたが、母はほとんど言葉を発さず、じっとその桜を見ているだけだった。きっと、以前のあの御花見を思い出して、苦労と悲劇が始まる前のあの頃は良かったとかなんとか、感慨にふけっていたいたのだろう。



 母とおばあちゃんを同時に納骨した際、あまりにも頭蓋骨の形がくっきり残っていたおばあちゃんの遺骨を見て、従姉は「ひっ!」と声にならない声で驚いてた。僕はただ「強いおばあちゃんだったんだな」と見ていた。おばあちゃんと一緒に暮らしたがっていた母。お墓に納骨する時、母とおばあちゃんの遺骨が混じり合って、まるで散りゆく桜吹雪のようにお墓の底へ吸い込まれて行った。


 いつか見るであろう桜の花びらは、今度、僕にどんな思いを抱かせてくれるのだろう。もう直ぐ母が空の彼方へ吸い込まれて往った日がやってくる。母が戻ってくる。あの闘病をフラッシュバックさせながら、御花見がしたい僕の憂鬱な時間が始まっている。
関連記事
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.