【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逝くなと起こした猫
 また自分が誰なのか、ここはどこなのかさえ分からないまま目覚めた。蛍光灯を点けっぱなしだったので、光を浴び続けていた左目にダメージで頭痛。

 エアコンが動いている。最近は点けた事なかったはずなのに。昨夜って寒かったのかな? 僕の腕枕で寝ていたタビを起こして、パソコンデスクを見た。パソコンもブラウザも点けっぱなしだった。ブログの管理画面とmixiにログインしたままだった。デスクには食事の跡が……。どうやら食べている途中に眠ったらしく、安くて最高に旨いチャンジャが乾涸びていた。

 缶ビール(ビール風味酒)が2つ置いてあった。1つは空だったが、もう1つは蓋を開けたまま満タンに入ってた。回りっぱなしだった換気扇を止めてトイレへ。そして、鎮痛剤といつもの精神安定剤3種を飲んだ。

 どうやら18時間以上眠っていたらしい。いつの間にエアコンを点けて寝床に入ったのか憶えていない。ブログに新しい猪木動画が追加されているがこれも憶えてない。

 ただ憶えているのは、あちらに記憶が飛んでいた僕の寝ている途中を、猫のタビが何度も揺り起こした事。起こされてなにか会話していたような……。

「やけに今日はしつこく腕枕を強要するよな」
「お前、そんなに俺の事好きか?」
「俺を恋人やと思てるやろ?」 

 タビの返事は憶えていない。いつものように掠れた声で「ニャッ!」と鳴いたような……。
 起きたら全身が妙に冷たかった。エアコン点けて寝ていたはずのに。タビが寝ていた右腕だけが温かった。また「猫救助」を受けたのだろうか?
 
 ひょっとして知らん間にオーバードーズしてたのかな? 一体なんなんだろう? とにかく月曜日にガスを止められてしまうので、今のうちにシャワー浴びとこ。
関連記事
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。