FC2ブログ
【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猪木さんの勘違いと一休さん
 ウルトラマンなどと並ぶ僕のスーパーヒーローであったアントニオ猪木さん。引退試合のマイクアピールで詠んだ詩を、プロレスファンじゃなくてもご存知の方が多いと思います。

「このを行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめばはなし 踏み出せばその一足がとなり その一足がとなる 迷わず行けよ 行けばわかるさ」

 この詩は、アニメ『一休さん』のモデルになった一休宗純の言葉として広く認識されていて、猪木さん本人も自著にそう書いてますが、実は一休宗純の詩ではないようなのです。僕もこれについては、果たして一休宗純はこんな詩を残していただろうか?とモヤモヤとしていたのですが、レファレンス協同データベースさんに限りなく真実であろう答えが載っています。
 猪木さんが引退試合で詠んだ詩は、故・清沢哲夫(のちの暁烏哲夫)氏の著書『無常断章』に出てくる詩の「」が元のようです。Wikipedia等を100%信用するわけではありませんが、僕はこれで納得しました。
 しかも、猪木さんはアレンジしたのか、とちったのか、原文よりちょっと間違えている(?)みたいなのがミソです。だって、「その一足がとなり その一足が道となる」ってほぼ同じ文言を二度も繰り返すのはどう考えてもおかしいですもん。


 先日、思いがけずアニメ『一休さん』の歌をYouTubeで観ていたら、何者かが最終回をUPしてくださっていました。お暇な時にどうぞ(笑)。


一休さんOP
http://jp.youtube.com/watch?v=C1iSFEnIqPM


一休さんED





一休さん最終回 1/3



一休さん最終回 2/3



◎一休さん最終回 3/3





 僕はリアルタイムで観たからわかるけど、実はこの最終回、「その後の一休さん」のダイジェスト部分(1~3分ほど)が欠けてる。ちょっと暗いその後の一休さん。これまでの明るいアニメとは対照的に陰気な哀しいエンディングだったのになー。しかも最後の絵は髑髏(ドクロ)だった!
 と思ったら、Wikipediaにチラリと載ってた。今回ばかりはWikipediaが100%正しいと断言できます。だってリアルタイムでこの目で観たんですもん! 他にも検索したのですが、的を得た記述が見当たらなく、ヒットするのは掲示板系のスレッドかあやふやなブログばかり。一休さんの最終回に的をしぼった専門サイトにさえ載っていませんでした。

 とにかく昔は、アゴが割れてる人を「しんえもん」って呼んだりしてたよね? よね?
関連記事
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。