【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【大阪タワー☆Regret】まとめ
 このブログの記事ジャンルに「大阪タワー☆」があります。
 これをmixiに書いた順番(このブログに掲載した順番)にまとめてみました。「大阪タワー☆」以外のジャンルにも、亡き母や無き家族との想い出等々を綴っているものがありますので、お暇な時にいろいろ探してお読みくださいませ。


001◎2007.03.04 車窓から

002◎2007.03.04 ヘビースモーカーですいません

003◎2007.03.04 

004◎2007.03.08 おふくろの味

005◎2007.03.08 がんばれ

006◎2007.03.11 寿がきやの思い出

007◎2007.03.14 アイデンティティ

008◎2007.03.14 ヤギ

009◎2007.03.14 徳サン

010◎2007.03.18 226



011◎2007.03.18 echo(エコー)

012◎2007.03.18 弟への鎮魂歌『ゲームセンターあらし』

013◎2007.03.18 愛する人が余命を宣告されたキミへ

014◎2007.03.18 あすなろの道

015◎2007.03.18 房室ブロック

016◎2007.03.29 ホームラン

017◎2007.04.04 まんまんちゃんごめんなさい

018◎2007.04.07 癌家系なんです「ジョンおばさんの話」

019◎2007.04.08 子守唄

020◎2007.04.23 ハンバーグの思い出



021◎2007.04.27 ブランコ

022◎2007.05.02 アブラムシ

023◎2007.05.03 おおさかにもあったんだ。 ※一応、エピローグ

024◎2007.05.09 きょじんのほし

025◎2007.05.14 サンタクロース

026◎2007.06.24 お父さん

027◎2007.07.06 

028◎2007.07.22 中の人

029◎2007.08.05 じんりょうだんちへかえろ

030◎2007.08.19 確かにそこに僕があった



031◎2007.08.29 お袋のステーキ

032◎2007.10.19 おさかなさん

033◎2007.12.04 憎むこと許すこと夫婦のこと

034◎2007.12.17 わん太郎 【改訂再掲載版】

035◎2007.12.25 サンタクロース 【改訂再掲載版】 ※NEW!

036◎2008.03.31 御花見

037◎2008.04.06 15回目の命日

 
スポンサーサイト
リリアンアゲイン
さっき横断歩道で停まっていたら、

「あんた! ○○○やないのっっっっっ!?」

なんてケータイ片手にオネエ言葉を駆使して、
ガナってガナりまくっている白い帽子をかぶったオッサンがチャリで横切りました。

よく見たら、またもやリリアンさんでした……。

これは吉兆なのか!? 
教えてマドモアゼル!
あたまおかしいんかな
不安と緊張とやる気がごっちゃになって40時間ちょっと寝てないだけ。
朱書き入れたりし続けてるだけ。
眠れないんと不安、不安で眠れんので死ぬかもと思っただけ。
こういうのをやっつけ仕事っていうのかな。
やるしかないのよさ。
年に2回の大仕事。
今月で散りそうな僕だけども……。

かれこれ40時間以上起きっぱなしです。
完全3日徹夜(72時間)起きっ放した記録はもう破れそうにない。
宇宙戦艦ニート
ちくしょー!
俺より“ささきいさお声”が上手い奴がいたなんて!
面食らった!
いさじさんの才能に嫉妬!
いさじさんスゴイでしゅー。

まあ、順番に見てけって! どうせ暇なんだろー?


◎元祖・カッコイイささきいさおさん2007



◎ハゲ散らかしてた時代のカッコイイささきさん1977



◎元祖・銀河鉄道999オープニング/エンディング




◎銀河鉄道999 ささきさんライブVer.



◎銀河鉄道999 いさじVer.



◎『宇宙戦艦ニート』  唄:いさじ



◎千の風になって 本家+いさじ



◎千の風になって いさじソロVer.



◎いさじは大変な効果音になりました。



◎進化を遂げ過ぎたいさじ
おさかなさん
 母と闘病するため、倉敷の柴田病院で過ごしたあの時間と日々をふと思い出した。

 全く知らない土地で、それも母の死へのタイムリミットを待つばかりの生活。病院にいる方々は優しかったけど、それでも不安で孤独感と生死の恐怖に苛まれていた。

 同じ病室に小坂田(おさかだ)さんという、骨と皮状態でガリガリだったがとても気安い気品のあるおばちゃんがいた。二十歳ぐらいの娘さん姉妹が交替で看病していた。
 人のことを詮索するのが嫌いで、女性に対してはすぐ赤面してしまう頃だった僕は、小坂田さんのおばちゃんの病名は訊けずじまいだった。娘さんたちとも挨拶をする程度。それでもあの病室には、不治の病にかかった人たちの生への執念が溢れていた。

 病院食に出てくる味噌汁の具は、ほとんどが素麺だった。それを母がいつも嫌そうに文句を言いながら食べていたり残したりしていた。今でも僕は素麺の味噌汁がランチや定食に出てくると、とても見窄らしい気分になる。病院食には限界があるのはわかっていたので、料理をしたことがない僕が、何度か適当に煮物を作って母に与えた。具の形が崩れてただ長時間煮込んだだけのものを母は、
「おいしい、よぅ煮けてる」
 そう何度も言って平らげた。

 ある日、買い物から帰って病室へ入ると、母がとても嬉しそうにしていた。小坂田さんが病室の患者のみんなに鯛のお刺身を買ってきて配ってくださったのだ。生ものが食べられない病院という空間で、それはたいそうなご馳走だった。



 病院の患者用冷蔵庫やトイレには、各自のものが置いてあって、みんながそれぞれ名前を書いておくルールだった。しかし、なぜか簡単な魚のイラストだけが描いてあるものがあった。
「魚? さかな? おさかな? 小坂田さんだ!」
 死の境目に到達する時期にあって、あのウィットに富んだイラストには心を和ませてもらった。

 母が隣りの病室に移されてしばらくして死んだ。明くる日、ベッド周りを片付けてから、小坂田さんたちが居る病室へ挨拶に行った。
「昨日亡くなりました。今日まで本当にありがとうございました。鯛のお刺身、母はとても喜んでいましたよ」
 小坂田さんにそう言うと、声にならない声で驚かれていた。そして、横に座っていた次女の娘さんが、下を向いて涙を見せぬように体を震わせながら泣いてくださっていた。小坂田さんは、その姿にまたなんとも言えない悲しそうな表情をされた。
「私が死んだらこんな感じで娘は泣くのかな?」
 そう思って娘さんを見つめておられたんだと思う。

「ありがとう。泣かないで。これからもお母さんのお世話をしっかりしてあげてね」
 娘さんはこっくり頷いたまま動こうとしなかった。僕は悪い知らせをわざわざ報告してしまったのかもしれない。でも、僕は母が喜んだ鯛のお刺身や「おさかな」のマークに和ませてもらったお礼を、どうしても伝えてから倉敷を去りたかったのだ。

 あれから小坂田さんがどうなったのか知らない。ただあの時の感謝の気持ちは忘れないし、一所懸命に闘病されていたおばちゃんと、看病しておられたあの次女の娘さんが母のために流してくださった涙を忘れない。
某黒猫運送会社に謝罪させる準備中
最近は「字幕.in」の方がYouTubeより楽しかったりする。
某黒猫運送会社に、休日返上仕事を台無しにされて腑煮えくり返るほど立腹したので、ムシャクシャして動画で笑うしかないってば。


◎new新潟




◎マクドナルドの食品実験(ポテトの謎)




◎世界の共通語「ゴルァ!」




◎ロ○コン日系人




◎任天堂Wiiは赤ん坊をも爆笑させる威力




◎ペ○スの王子様(クオリティ高いので再掲載してみた)
痩せ薬とか
 昨日から、見にくいよりも醜くなったmixiに四苦八苦。これは相当使わないと慣れないぞ……。今、忙しい時期だからあまりmixiしてる時間がないんですよね。駅のホームや休憩中とかにケータイから閲覧する程度。今回の改変(改悪?)で、一層みんなのmixi離れが加速しそうに思います。
 mixiは、レイアウトを強制してるのが日本人的には良いと思うのですが、今回のレイアウト変更は不満です……。逆にマイスペースみたいに、ゴチャゴチャで何がなんやらわかんねー自由なレイアウトは、アメリカ人の発想だな、と思うのです。サンドウィッチに、素材の味が分からんほどにいろんな具を挟み込んじゃう感じ。マイスペースくらいになると、SNSというよりも単なる雑なホームページにしか見えないのは僕だけでしょうか? 
 そういや、日本ではセカンドライフも流行ってないですね。セカンドライフに支店を設けるのが、企業のステータスになっているだけな感じ。 いっそ、任天堂が同じようなものを『どうぶつの森』あたりで発売すべきだと思います。

 ところで、精神系の薬の副作用による肥満の傾向が強すぎるので、リポバスという薬を精神科に処方してもらっていたのですが、「足の先が急に熱くなる」と医者に訴えましたところ、
「脂肪だけじゃなく筋肉も溶かしますからね……」ってオイ!(泣)
 そこで新たなる薬として、ツムラ防風通聖散エキス顆粒という漢方薬を処方してもらいました。これで痩せるのかと思いきや、薬系のサイトを閲覧しますと、どうやら慢性的な下痢になるらしいです……。飲み始めてから僕も(ヘドロみたいな)変な下痢だなぁ、と思っていたのですが副作用なんですね……。
 おかげで、仕事場にて尿意ならぬ「屁意」をもよおすのですが、ぐっと我慢してますと、腸の中でオナラならぬ「腸ナラ」が鳴るので仕事に集中できませぬ。チョナラ!

 ドリカムの吉田さんの内縁の旦那様が亡くなったという話題で、昨日の仕事場が一瞬盛り上がっていました。僕は、ウケを狙って言おうとしたことを我慢してました。なぜなら不謹慎だと言われるかも……だったからです。何を言おうとしたかといえば、 それは書けません!
 とにかく発言しなくてよかった。チョナラも不謹慎発言も、ぐっと我慢の中年です。人生ギブアップ寸前。綱渡り人生が、綱ぶら下がり人生になってるなんて言えない心苦しさよ。誕生日祝いにマイミクさんからいただいた残りのお米だけが頼りです。

 あ、そうそう。「仕事なんでもやるからちょーだい!」って叫んでたら、おみくじの原稿を書いて!との依頼をいただきました。ありがとうございます。もうこれからは神社へ行っても、おみくじだけはやるまいと誓いました。
サエコの衝撃的歌唱力
 球界のエースとなったダルビッシュ選手とのニュースが流れるまで、サエコというタレントさんを全く知りませんでした。テレビは、今年になってから4、5時間しか観てないほどなので、タレント音痴な僕です。今どきのお笑い芸人は、小島よしおしか知りません。
 僕はどんな顔面であろうと、歌の上手い女性が好きなのですよ。Kiroroのボーカルとか。でも、サエコさんは真逆ですね……。ビックリしました……。とにかく末永くお幸せに。


◎3人目
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。