FC2ブログ
【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コガネムシ
仕事場に行く途中、ビルの階段の踊り場にコガネムシが落ちていた。

こんな閉鎖された空間に、いったいどこから来たのだろう?
僕はひょいとコガネムシをつまみ上げた。
昆虫を触るのは数年ぶりだ。

コガネムシはまだ生きていた。
でも、虫というだけで誰も拾わなかったんだろうな…。

じっくり見ると美しい色をしていた。
日本の伝統色でいえば、「鶸萌黄(ひわもえぎ)色」というのだろうか。
宝石の色でいえばペリドット(かんらん石)。
とにかく、オリーブの実にメタリックを混ぜたような色だ。

僕は、階段の踊り場の窓を開けて、
窓の外枠にひょいとコガネムシを置いてから階段を駆け上がった。



* * * * * * * * * * * * * *



仕事場から外出する時にコガネムシを見ると、もういなくなっていた…。


飛んでいったのだろうか。
それとも、窓の外枠から落ちて、下にいる野良猫に食われただろうか。

どちらでもいい。
そりゃあ、どこかで生きていてほしいけど。

とにかく僕は、
コガネムシの閉ざされた可能性を開くために力を貸したのだ。
中途半端な偽善者と呼ばれたっていい。


2005年09月15日22:48
スポンサーサイト
今朝、夢から醒めて気づいたこと
苦労した分の対価は、決してお金だけではないということ。


2005年08月29日09:05
打ち明けられるタイプ
物心ついた頃から、秘密を打ち明けられることが多い。

秘密を打ち明けられて嬉しい時もあれば、苦しむ時もある。
主婦のつまらぬ浮気話から、
恋愛に対する相談、
あの有名人さんの本音や裏話、
死病にかかった人からの激情まであったりする。

一番困ったのは“スカラー波”などで話題になった
「パナウェーブ」の信者の夫を持つ主婦が、
まだマスコミにも取りあげられていない実情を明かしてくれた時かな。
裏サイトでもいうべきなのだろうか。
とにかく内密を綴ったアドレスを教えられたけど、
見えない他人は実際のところどうしようもない。
その主婦の心のやり場が僕に向いてきたようで、
粘着されるようになってしまったのでスッパリ切った。
好きじゃないタイプの人の相談事にのるのはしんどい。
そんなことは、道端にいる易者にでも打ち明けてくれ。
僕は神様でも教祖様でも指導者でもない。
ただそこにある“案内図”なのだ。
あとは、自分で判断してくれ。

自分を「まるで肥溜めのようじゃないか」と思う時もある。
誰もフタを開けないので、バレることはないんだろう。
でも、懺悔される牧師のような浅はかな気分なんかではない。
僕は“癒し系”はじゃなくて“卑しい系”なのだ。
優しさなんて微塵もない人非人なのだ。

だが今は「喜んで肥溜めになろうじゃないか」と思う。
肥は、いつしか肥料にして花となり実として咲かせよう。
それは僕自身のために。
ああ、やっぱり人非人だ。

某所に載せてある昔使っていた掲示板に「告白の残骸」が17ページほどある。
今読み返すと「稚拙」なものが多いので読まないが、
そう思うのは自分が過去より成長している証拠なんだろう。


2005年08月25日21:15
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。