FC2ブログ
【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うどん屋で見つけた人生の真実
28001536_234.jpg
28001536_86.jpg
28001536_10.jpg



後輩、いや、もう既に友人と呼んだ方が正しいが、
その友人のお父さんが電鉄会社から脱サラして、
うどん屋さんを始めて1年以上が経った。

なかなか食べに行く機会がなかったのだが、
先週の金曜日に思い切って行ってみたので報告したい。


たとえ友人のお父さんであろうが、
うどんそのものに問題があったら
歯に衣着せずにヒトコト言ってやろうと目論んでいた。
こちらも仕事で何百軒と飲食店を取材してきたのだ。
プライベートでも数え切れないほど食べ歩いたし、
うどんの取材では高松を練り歩いたこともある。
それに僕のお婆ちゃんはうどん屋で働いていたので、うどんの味にはうるさい。
死んだ母もこよなくうどんを愛していたので、
うどんに関しては「血筋」みたいなものがあると思う。

僕は気に入ったお店ならいつまでも贔屓にするが、
気に入らないお店では料理を見ただけで旨いか不味いかぐらい自慢じゃないが判断できる。
昔は不味いものでも「全部平らげなければならない。失礼だ」
というライターとしての使命感があったので吐き出すほど食べていたが、
今では不味そうなものは、たとえ広告の仕事であっても一切口にしない主義だ。

僕は飲食するのに相応しくないタバコを吸うけども、舌にはプライドがある。
実はタバコを吸わないと、普段の自炊以外では舌が化学調味料や添加物などに過敏に反応してしまうのだ……。
タバコを吸っても反応しているんだけども。
とにかく友人のためにも一家言はする腹づもりで目的のうどん屋さんへ向かった。


到着して、店に入り友人の御両親に挨拶してから、
まず、『きつねうどん定食』を注文した。
きつねうどんは僕の好物というだけでなく、
うどん屋の良し悪しを判断する絶好の品だと思う。
油揚げと出汁と麺が一体となった時に初めて美しい味のハーモニーを醸し出す代物だ。

よく、うどん屋さんは
「まず、打ち立ての麺を生醤油でお召し上がりください」などと言うが、
そういうものはよっぽどひどい材料と打ち方・茹で方でないかぎり、
ある程度以上は旨いに決まっているし、
そういうものを食べたければ、うどんの本場の四国などへ行けばいいと思う。
いまや「豚丼屋」になってしまった『なか卯』でも十分だ。


定食にはゴハンかオニギリなどを選べることになっていたが、
迷わずオニギリを選んだ。
オニギリはそのお店の「良心」を反映する食べ物だと思う。
握り方や形だけでお店そのものの志がわかるというわけだ。


で、『きつねうどん定食』が出てきていきなり驚いた。
うどんは油揚げの大きさで麺が見えないほどで、
オニギリは白米じゃなく、鮭(シャケ)などを混ぜた、
かやくごはん的なオニギリだったからだ。
これでオニギリひとつをとっても手間ひまかけているのがわかった。
それにしても定食に付けるにしては贅沢すぎる。
とにかく先制攻撃で一本取られた。

そして、うどんに口をつけた。
「まずはスープや出汁から…」なんて、通ぶったことを僕はしない。
そんなことは麺に絡み付いてくる味でわかるはずだから。

麺を箸でつまんで「あれっ?」と思った。
注文の際に「太麺か?細麺か?」を訊ねられたので、
きつねうどんに合う太麺を頼んだはずなのに細かったからだ。
これが後で僕の思い違いだったと気づくのだが……。

「まあ、聞き間違いもあるさ…」と思って麺を食べた。
喉ごしや良し。噛みごたえ良し。風味良し。出汁との調和良し。
最初は「出汁が薄いかな?」と思ったのだが、
この太さの麺にはこの程度の出汁の風味が実にいい塩梅だ。

僕が思っている(極)太麺は、出汁の風味を強くしないと麺が負けてしまうし、
出汁が強すぎると少し下品な食い物になってしまう。
三重の名物で極太の『伊勢うどん』なんかがいい例だ。
あれなんか出汁というよりタレに近い。
『伊勢うどん』よりずっと太い麺を出す店が京都にあるが、
あれは悪く言えばキワモノ。


次に油揚げを食べてみた。
大きいわりには色が薄いので、味がほとんどついてないかと思いきや、
ジュワッと美味しい味付けが口に広がり、旨味を閉じ込めた逸品だった。
しかも、次に出汁を飲んだのだが、油揚げの味付けが出汁の風味を侵略していないのに驚いた。

僕が住んでた近所はうどん屋さんに恵まれていたのだが、
なかでも今では美味しいと評判で有名になってしまった
『やとう』というお店さえも、きつねうどんの油揚げが
出汁を甘くしてしまって残念だなぁと思っていたのに! (それがいいという見方もあるが)


ここで本題から外れるが、僕は『やとう』には開店当初から通っていた。
情熱をそそぎすぎて空回りし、1年ぐらいは繁盛していないお店だった。
立地条件の悪さもあったのだが、素人商売の感は否めなかった。
もちろん僕は実力を認めていたので通っていたのだが。
『やとう』は定食に工夫を凝らすことにより近所にいる人たちが通うようになった。
「自分の縄張りは教えたくない」という僕の気持ちとは裏腹に、
その後、雑誌で紹介されたために有名店になってしまった。
雑誌で紹介されると、また違う雑誌がそれを読んで取材するパターンが発生した。
読者もマスコミもミーハーで単純なのだ。
もちろん努力により実力も上げたので、今では大阪で5本の指に入るお店になったと思う。
逆にそうなってしまったために僕の足は遠のいてしまった。
混んでいる店は苦手なのだ……。
そのうえ、今でも僕の職業はお店の人には内緒にしている。
なぜなら、「構えられる」と辛いから。普段通りのモノを愉しみたいから。
その分、うどんのことではなくメニューのこととかを意見させてもらった。
真摯に受けとめてくださったようで、僕は少しほくそ笑んでいる。
今でも繁盛しているのは、お客さんの舌が鉛ではないということだろう。



本題に戻る。
きつねうどんの出汁は全部飲み干した。
出汁やスープが不味いお店なら、いっぱい残してあげるのが基本。
「なぜ残したのか?」のヒントを与えてあげるのが僕流なのだ。ちょっと偉そうに言うけども…。

定食は舌もお腹も満足できるものだった。
完成品だと言ってもいいのじゃないかな。
でも、一日に何軒も食って廻ってきた僕の胃袋はタフネス!
発情期のネコ並みに欲求を抑え切れないのだ。
結果、違うものも食べたくなってしまった。
そこで、ここはあっさり食べられる『ざるうどん』を注文。麺は太麺をオーダー。

「大盛りにしますか?」と言われたが、断ってしまった。
これが僕の失敗。
この店は、大盛りでも追加料金を取らないことを後で知ったからだ。
なんて良心的! というか素晴らしい!


注文した『ざるうどん』を来て慌てた。
少し細いと思っていたのが、実は太麺だとわかったからだ。
さらに細い麺があるということなのだ。
そこで『ざるうどん』は細麺でオーダーすべきだったと後悔。
太麺が好きな僕だが、さすがに2杯目はあっさりしたものが食べたかったから、
細麺にしておけばもっとあっさり食べられたのに!(笑)

とにかく食べてみた。
最初は薬味を入れないで、だんだんと入れていくのが僕としては愉しい。
蕎麦でも同じだ。
ココまで読んでくれた人なら、味は言わずともわかるでしょ?
とにかくおろし立ての生姜は、一服の清涼剤だ。
清々しい味に満足。


そこに追い討ちが来た。
「“ぶっかけ”食べてみはりますか?」って。
ここでひるむのは胃袋の鬼としてのプライドが許さないし、
ぜひ細麺を食べてみたかったので二つ返事で快諾。
『温玉ぶっかけ』を食べることになった。
これは、温泉たまごもお肉ものっていてスタミナ抜群。夏バテにピッタリ。
[↑なんだかお店の宣伝みたいになってきなぁ…(笑)]

しかも細麺なのであっさりと食べられる。
3杯目なのに苦にならない。
それにしても単純なメニュー名の品にさえも工夫が凝らしてある。
メニューをよく見ると、
『うなわさ丼定食』だの『月見うなとろ丼定食』だの
まだまだいっぱい食べてみたいメニューがあった。


お店の印象だが、外観は飾り気なく威厳さえもあるのに入りやすそうな店構え。
道路からでは見つけにくいのが難点なんだけど(苦笑)。
店内には、新聞や雑誌も充実していてテレビも置いてあるが、
大衆食堂のような下品さはない。むしろ素朴な気品がある。
おまけに座敷もあるので家族で来てもくつろげる感じ。


接客態度もセリフも感情がこもっていたので、
見ていて気持ちいいし、居心地がいい。お世辞抜きで。
僕はかつてモンゴル料理店で働いていたので、
厨房のことや接客も多少は心得ているつもりなのだが、
友人のお母さんは「立ち位置」さえもちゃんと心得ておられた。
僕独りでおもむいたのに、幸せな気分になれた。


僕は常々、仕事というものは、
「人のためになる仕事」と「人を愉しませる仕事」の2つに分かれると明言してきた。
接客商売というものはモンゴル料理店で経験しているが、
そこでは恩人というか兄貴分のモンゴル人と共に「国際交流」という大義名分のもとで、
ボランティア的な気分で働いていたのではないかとさえ少し思う。

仕事というのは、お金を稼ぐための手段であって、
生きる目的であってならないとどこかで書いたこともある。
でも、仕事が生き甲斐だという人は尊敬に値する。


そこでこのうどん屋さん。
「人のためになる仕事」と「人を愉しませる仕事」を同時にこなしているではないか!
舌や胃袋を満足させてくれたうえに、気分まで豊かにしてくれた。
おまけに接客している方も生き生きとして愉しそうだ。

これこそ人としての存在の意義ではないだろうか。
これこそ真実の人生のあり方ではないだろうか……。
僕がこんなに長い文章を書いて宣っているのは、
心から感動し、良い意味でのショックを受けたからだ。



脱サラしてお店を構えたという、これまでの御夫婦のストーリーの一部を
知っているからこそ、こんなにも感激しているのかもしれないが、
一見のお客さんの舌と心にも十分響く味だと確信している。
まだまだ改善したり進化してゆくであろうこのお店にまた来たいし、期待している。

夫婦というものはこうであるべきだと確信もできたし、
家族というものに懐疑的で嫌悪感さえ持っている
独身主義の僕から見ても「うらやましい」と思える御夫婦だった。

このお店の御夫婦のほんの一部であろうが、
真っ当な人生の一端を見せられ、そして魅せられた。
絶望していた僕の人生に一筋の光が見えた。

素晴らしいうどんと、そのうどんを提供する御夫婦、
そしてそんな御夫婦の子である友人と出逢えたことを誇りに思う。




********************************************

■自家製麺 うどんの『索べい』
住所:大阪府堺市中之町西1-1-10 堀ビル1階
電話:072-224-5139
営業時間:11:00~14:30、17:00~22:00
定休日:日曜、祝日



2005年07月25日06:45
27696729_57-1.jpg

27696729_42.jpg

スポンサーサイト
サヨウナラと初めてのハッスル
27138467_174.jpg


現在、7月20日(水)に、この日記は書き始めています。
この橋本真也が死んだというニュースを知ってから、
ニュースやワイドショー、新聞、雑誌、mixi、レスラーのブログ、橋本関連サイト、
果ては某巨大掲示板と揶揄されるサイトまであらゆるものを読みふけっていた。
とりわけmixiで様々な人が書く橋本についてのことが興味深かった。
「足あと」をいっぱい残してしまいすみません。
(※その間、橋本のことについては、マイミクの○○さんのところにしかコメントしていません。)
気がついたら、橋本が死んでから10日も経っていた。
ようやく日記を書き始める気分に到達しました。
遅筆で申し訳ないが、『ハッスル11観戦』を交えた雑感をここに書きます。
あと出しのジャンケンみたいになってしまいすまないです。

*********************************************

7月15日(金)に『ハッスル11』を観戦してきました。
ハッスル興行が初めて行われた大阪での大会。
くしくも橋本真也の逝去直後に行われた大会。
橋本死亡のニュースを知って、プロレスから遠ざかっていた僕の心が動いた。
レスラーや格闘家とご一緒する機会はあったのだが、
観戦ということになると腰が重かったのである。
格闘技はテレビを観た方が技のかけ方とかがいろんなアングルから観られるし、
現状のプロレスはテレビさえも観るのさえ辛かったのである。雑誌は読んでいたが。
とにかく橋本の葬儀に行けないので、
せめて『ハッスル』に行って追悼しなければ気がすまなかった。

結論を先に書くと、『ハッスル』はとてつもなく面白かった。
プロレスとは違う新しいジャンルなのである。
「プロレスはショーである」とカミングアウトした
米国のWWEという大人気団体の二番煎じだと言う人もいるが、
WWEともまた違うのである。
「喜怒哀楽」の表現ではなく、「喜怒笑楽」なのである。
ちなみに『ハッスル11』は、橋本逝去のため「喜怒哀笑楽」になり、
メジャーな外人レスラーを起用せずとも、
『ハッスル』というものが華開いた伝説の大会となった。
橋本真也の思い描いたものがある部分、完成したと思った。

それまではお客を呼ぶために海外などのメジャーレスラーを起用するしかなかった。
まずプロレスファンを会場に引き寄せるしかなかった。
プロレスファンを懐柔させるためにいろんな手段を尽くした。
だが、イマイチ盛り上がりに欠けていたと僕が思うのは、
報道や映像で知る『ハッスル』の状況が、
単なるレスラーのお笑いごっこに見えてしまったからだ。

だが、今回の観戦でそれが一変した。
とにかく面白いのである。
レスラーがひたすら“しょっぱく”見えた
スカパーの番組で観たのとは大違いなのである。
映像とリングとレスラーと会場と観客が一体となった
“ファイティングオペラ”の名に恥じない、
究極のエンタテインメントと言っても過言ではない。

とりあえずプロレスに対する偏見を持つ人を懐柔したいのなら、
『ハッスル』を生観戦するべきなのである。
それまでのストーリーを知らない人でも絶対に楽しめるはず。

あれで自由席がたったの3000円というのは安すぎる。
スカパーの番組を買うのが高すぎるのだが…。
どんなジャンルの興行より面白いと思うのになぁ。
格闘技のチケットははっきり言って高すぎる。
たしかに格闘技観戦は熱くなれるのだが笑えない。
熱くしてくれたうえに笑わせてくれるのは、
僕から言わせれば三島☆ド根性ノ助選手だけだ。
彼にはもっと強くなって勝ってほしいが…。
(あ、桜庭選手もそうだなぁ。)

話がだいぶん逸れた…。
興行(試合)内容については省略する。ヤボだから。
なぜなら、面倒だし、日記というのは速報性がないと面白くない。
それに他の人が書いている文章でわかると思うから。
(まあ、人それぞれ意見があると認識したが。)

おまけに↓ココを見れば、一発で『ハッスル11』のことがわかるから。
http://www.hustlehustle.com/free/fightcard/index.html?id=1117610863
【ご注意】↑このページは下の方から順に読むべし!

さらに↓このページを見れば初心者でももっとわかる。
http://www.hustlehustle.com/free/fighters/list.html?view=all
※「レスラー」と書かずに、「登場人物」と書いてある。それがすべてだ!


だから僕の印象に残ったことだけ書かせてもらう…。
なにがなんでも『ハッスル11』の当日券を
キープするために大阪府立体育館へ向かった。
早く到着しすぎてほとんど誰も来ていなかった。
すんなり当日券をゲット。
それから橋本真也の献花台に向かい手を合わせた。
カフェで開場を待つことにした。
カフェには、ハッスルしに来たであろうグループが
あちらこちら騒いでいた。僕は独りぼっちなのに…。
チケットはゲットできたが、一緒に観戦する人はゲットできなかったのだ。

どう見ても“オフ会”のようなグループばっかり。
その中にジーパンを履いてボインでポッチャリとした可愛い女性に目が釘付けになった(苦笑) 。
「何をしているんだ自分! 橋本の追悼ハッスルに来たんだぞ!」
と言い聞かせてみた。

カフェを出ようとすると、入口に本物のキダ・タローを発見!!
「これは今日の興行でリングに上がるんだろうなぁ~。」
と思いニヤリとする。
今日はご当地レスラー『KIDATA・ロー』というのが出るのを知っていたから。
そして案の定、舞台に本人登場。知らなかった観客が全員大笑い。
まるでモノマネ番組でお約束の「本人登場シーン」を見ているようだった。
試合中にも試合をストップさせて
マイクパフォーマンスをするキダ先生にウケた。

2階の真ん中から観戦したのだが、会場全体が見渡せるのがよかった。
昔、アジャ・コング対ダイナマイト関西を「熱く」観たときもそうだった。
それにしても知ったかぶり解説をする観客が後ろにいたので鬱陶しかった。
挙げ句の果てには、田中将斗の試合で「ECW!ECW!」と叫ぶし、うぜぇ~。
ECWといえば、FMWに来てたダッドリーボーイズ(現:WWEのダッドリーズ)を思い出した。
試合後に怖そうな雰囲気で誰も声をかけられない彼らに僕が突撃。
一緒に写真を撮った。
そしたら、僕の友人の後ろに観客の行列ができてるの…。
みんな意気地なしだ!(笑)
そういやジャンボ鶴田にサインをねだったときも、
僕の後ろに行列ができたっけ。


それからそれから…。
橋本追悼テンカウントゴング。
選手らが全員(高田総統とインリン様を除く)出てきて黙祷。
小川の説明で、橋本が考案した『トルネードハッスル』をすることに。
これは、腰を三回転半させてからハッスルポーズをするというもの。
観客全員にはコレをするのにはさすがに羞恥心があったのだろう。
そこで小川が叫んだ。
「恥ずかしがらずにやれよっ!!!」と。
これで恥ずかしがってる観客を我に返らせた!
どよめくように「オーーーーーーーーッ!!!」とみんなが叫んだ。
小川の叫びにしびれた。

インリン様が会場を沸かせたし、スカパーの青木裕子も遠くから拝めた。
青木裕子がイイ女に成長していたので、スカパーに加入したくなった(笑)。
昔はただ乳が異様にデカイ小娘だったのになぁ。
帰ってから青木裕子のオフィシャルサイトも眺めてみたけど、
橋本と青木が一緒に写ってる写真、橋本の腹がヤバすぎる。
そりゃあ、棺桶のフタも閉まらんわなぁ…。
それにしても青木裕子の歌を試聴したら、イマイチだったので萎えた(苦笑) 。
それでも成熟したイイ女だぁ~。


『ハッスル11』から帰宅してからわかったのだが、
僕の初めてのハッスルが、橋本らの「三銃士興行計画」を妨害(?)した
草間氏(前新日本プロレス社長)の音頭で行われたのが、
気分的にいわゆる「微妙」だ……。



2005年07月20日07:06
27138467_131.jpg

追悼・さよなら僕のヒーロー
25869263_86.jpg

プロレス好きじゃない人にも読んで欲しい。


昨日はヤフーのニューストピックスを見た途端、
激しい頭痛が起こり吐いた。
橋本真也が死んだとのニュースを読んだからだ。
報道を見てもまだ実感できない。
実感ができないのでまだあえて呼び捨てにしている。
とにかく今、橋本真也のいないプロレス界が想像できない。
それだけ魅力のある選手、いや人間だったのだ。

誰にだって心の中に自分だけのヒーローが存在する。
歴史上の人物だったり、アニメの主人公だったり、スポーツ選手だったり。
僕のヒーローは、幼少の頃は仮面ライダー。
小学校低学年の時はウルトラマン。
小学校高学年の時は蔵間(僕の郷土・滋賀県出身の力士、故人)。
中学生になってからはアントニオ猪木だった。

アントニオ猪木がヒーローだった時代は、大人になってからも続いた。
その幻想を崩壊させた人物がいる。
“破壊王”と呼ばれる橋本真也だ。

いつの試合か忘れたが、東京ドームでのメインエベント。
アントニオ猪木&坂口征二組 VS 橋本真也&蝶野正洋組。
試合前のコメントで橋本は、
「時は来た!! それだけだ」とカメラに向かって叫んだ。
ごく一部で失笑も買ったが、偽りのない言葉だったのが明らかになった。
試合は猪木組が猪木の延髄斬りで勝った。
プロレスとして当然の結果である。
しかし橋本は試合中、猪木と坂口をサンドバッグのごとく蹴りまくった。
先輩に対して一切妥協のない容赦ない本気の蹴り。
試合後、猪木がボロ雑巾のようになったのを見て、
僕のヒーロー幻想は見事に“破壊”された。
“破壊王”というヒーローの誕生である。
(※ちなみに猪木の「1、2、3、ダー!」はこの試合後に初披露された)

巨漢から放たれる重厚なキック。それが橋本の最大の魅力。
あんな太い体でかっこいいキックをできるのは今までいなかった。
“爆殺シューター”と呼ばれた時期もあったっけ。

トニー・ホームに勝つまで何度も戦った異種格闘技戦。
なかなか勝てない橋本が歯がゆかった。
プロレス的には2度目か3度目に勝つはずだったのだが…。
でも、この辺が人間味あふれているのだ。

小川直也をプロレスラーに仕立て上げた小川のデビュー戦。
素人目に見ても、橋本が不甲斐無い小川の技を受けているのがわかった。
結局はそれで小川が華開いた気がする。
その後、小川に2度もガチンコを食らわされ一度は引退するが、
子供のファンなどの千羽鶴による嘆願で復帰した。
あの時、引退しておけばよかった…なんて僕は思わない。


スーパーヒーローの究極の必殺技も魅せてくれた。
垂直落下式DDT。
相手を持ち上げて脳天から落とす受け身の取れない技。
もちろんこの危ない技は、下手なプロレスラーには仕掛けない技だった。

技や体、パフォーマンス、それに伝え聞くところの
リング外での豪快・天真爛漫な気質さえもがリアルプロレスラーだった。
最後のプロレスラーらしいプロレスラーと言われているが、
それは過言ではない。
喜怒哀楽をリングで表現できる唯一のプロレスラーだった。

プロレスとは肉体を駆使した大エンターテインメントだ。
汗が飛び散り、肉体がぶつかる。
最近、子供のプロレスファンが少なくなったのが淋しい。
子供にこそ見せてあげたいと思うのだ。
僕が胸ときめかせて、仮面ライダーやウルトラマン、
蔵間や猪木、橋本を見ていたように。

昨夜はとめどなく涙が流れた。
「俺、こんなにも橋本のことが好きだったんだ。」って気づいた。
本当なら葬儀に駆け付けたいところだが、お金がないので無理だ…。
でも、もう一回叫びたかったなぁ。
せめてこのコールが天まで届きますように。


ハッシモトッ! ハッシモトッ! ハッシモトッ! ハッシモトッ!




※以下のサイトで橋本真也の勇姿、表情を見ることが出来ます。

■スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/battle/special/2005memorial_hakaiou/photolist.html


2005年07月12日20:27


顔で判断するな
25439210_117.jpg



僕たちの顔は千差万別だ。

美人だと思われる、カワイイと思われる人がいたり、
有名人の誰かに似てるとか、
そんな基準で人の好き嫌いを判断してはならない。

太っていたり、痩せていたり、コンプレックスがあったり、
病を抱えていたり、顔にアザがあったり…と様々な人がいる。

顔の皮をひっぱがせば、みんな似たようなもんだ。
そして最後はみんなガイコツさ。

「一目惚れ」っていうのがあるけど、
相手を好きになるためにはもっと知ることが必要だ。
知っていってそれでもまだなおかつ好きならばそれは素晴らしい。

僕が生き恥とも言うべき、言葉の垂れ流しをしているのも、
みんなに知って欲しいからである。
僕を嫌いになる人もいるだろう。
それでも好きだと言う人もいるだろう。
そんな人を待っているし、大切にしたい。


美人でも悪い奴はいるし、ブサイクでもいい奴はいる。
悪い奴でもいいところはあるし、いい奴でも欠点はある。

それらすべてをひっくるめて「好き」という感情を持てた時は幸せだ。



2005年07月10日02:29
信じたいがために
人を傷つけるのを恐れていた。

人に傷つけられるのを恐れていた。

だから自分を傷つけて生きてきた。

そして自分を傷つけることさえも恐れて逃げてきた。

逃げても逃げても追いかけてくる何かがあるのを恐れた。

信じていたものにはことごとく裏切られた。

正面から闘ったら、絶望を見る敗北を味わった。



信じられるものを求めて、

信じたいがために、

僕は疑い続ける。



2005年07月05日14:30
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。