【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コダックV570は楽しい。
コンパクトカメラとしては上出来ではないかと思います。
ブログの容量の関係で、縮小した画像しか載せられないけど……。


20070331012846.jpg

↑○○君の披露宴のメイン料理。クリックで拡大。真正面からのフラッシュの光が気になるが合格点かな。


20070331013153.jpg

↑○○君の披露宴の様子。クリックで拡大。コダックV570のパノラマ撮影。これぞ超広角! カメラの中で合成してくれるので、いちいちフォトショップで画像を繋ぎ合わせなくてもいいのが良い。


ちなみにV570(既に店頭では売り切れ)の後継機種・V705は、日本では3000台しか供給してないらしい。
スポンサーサイト
板尾の嫁
 板尾の嫁がブログを始めたらしい。知らなかった。コレ
ホームラン
俺は野球がヘタクソな少年だった。

ソフトボール大会とかでは毎年ずっと補欠だった。
おかんは歯がゆかったろう。
ソフトボール大会で活躍してる子供の親たちが、
我が子の自慢ばかりしてる様子は、子供だった俺らにもわかっていたからな。

小6の頃から筋力が並外れて成長した俺は、やっとレギュラーになれた。
でも、町内のソフトボール大会で、守備の時に最初からヘマばかりしてた俺。
観戦に来てるおかんに合わす顔がなかった。

汚名挽回のためにも「絶対に打ってやる!」って打席に立った。
そして大人のオッサンから、馬鹿でかいホームランをかっ飛ばした。
力いっぱいバットを振ったらボールがぐんぐん遠くへ飛んでった。

ホームランだとわかっていても俺は全速力で走った。
俺に打たれたオッサンは「そんなに走らんでも…」って呟いてたけど、
あれがアウトにでもなったらイヤだったし、真剣勝負だったし。

ホームインした俺を、おかんは狂喜の笑顔で出迎えてくれた。
近所のオバハンらが、おかんに駆け寄って行って讃えていた。
おかんは照れくさそうだったけど、
あんなに嬉しそうな顔をしてるのは見たことがなかった。

その日の夕食は、当時の我が家にとって御馳走だった牛肉。
おかんからのご褒美だった。
そして何度も何度もあのホームランの時のことを話していた。



あれから何年過ぎたろう…。
あれから俺はおかんを喜ばすことができたろうか…。

おかん。俺、もう1回ホームラン打つ。
全速力で駆け抜ける。
だから俺のボールよ。天まで届け!
時代おくれの男になってる~♪ (河島英五風味)
 exciteニュースにて国産仮想空間が登場 セカンドライフに勝てるか?との記事発見(遅っ)。

 セカンドライフには興味なかったけど、splume(スプリューム)は面白そうだったのでダウンロードしようとしたら、Mac未対応……。セカンドライフはMacBookで起動したら異常発熱すると聞くし、僕はどうすりゃいいんだ!?(泣) 時代に取り残される~!

 セカンドライフ(又はスプリューム)でやってみたいのは、乞食、ラブホテルデザインと経営、路上シンガー、路上詩人(アンチあいだみつを、アンチ326)、企画会議・打ち合わせ、中間・期末テストでカンニング、精神科医プレイ、結婚プレイ、離婚裁判プレイ、浮気調査などなど……。やっぱり僕って歪んでる?
水死体
 小学生の頃、渋滞中の近江大橋を車に乗って渡っていたら、橋の下の方に人間みたいなのが浮いてきました。たぶん水死体です……。琵琶湖って、琵琶湖疎水以外では、湖から流れ出す川は近江大橋のある瀬田川だけなんですね。琵琶湖の下流に水死体が流れ着いて集まると聞いたことがあります。

 で、それを見つけた僕は、同乗していた家族に、
「水死体や!」って叫んだんです。
 すると母は遮るように、
「あれはマネキンや! 見たらアカン!」って……。
 どうしてマネキンなのに見たらアカンかったのでしょうね(笑)。
 
 水死体でも沈んでる水死体(湖や川ではなく海の)には、シャコがいっぱいへばり付いてると何度も聞いたことがあります。バイ貝もよく付いてると、海のそばに住む友人が言うてたような?
 でも僕は、シャコが好物です。但し、ちゃんとした寿司屋でのもので、甘いたれを塗っていないものに限りますが。子持ちのシャコをワサビと醤油で食うとウマいんだ。

 中学生の頃、塾に通っていたんですが、数学の講師が医大で解剖(検死)を担当しておられてて、よく「昨日はこんな死体が来ました」って授業中に報告してくれました。なかでもヤクザの抗争で頭を日本刀でまっぷたつにされた死体が来た時は、講師がとても嬉しそうでした……。
 そんな講師でも「水死体だけは腐臭が酷くて勘弁してほしい」とボヤいていたのを思い出します。
○○くんオメデトウ!
 かつて机を並べて仕事をした○○くん。
 ○○くんといえば、思い出すことって可笑しなことばかり。

「加護ちゃんがスクープされた~!」って、加護ファンの○○くんに電話を入れたら、
「違います! “加護ちゃん”じゃないです。“あいぼん”です!!」と絶叫したこと。

 彼のロリータコンプレックスを指摘したら、
「僕は、下は5歳からイケますよ!」と言ったこと。

「死体画像を見ると、僕、腹が減るんです」と言いつつ、死体画像を見ながら「腹減った~」と呟いてたこと。

「僕のアパートで死臭がするなぁと思っていたら、アパートの住人が変死して数ヶ月経って腐っていたそうです」と嬉々として話していたこと。

 そんな彼が明日、結婚式・披露宴を行う。僕は、仕事的にも金銭的にも一番ハードな時期だけど、元仲間として参加させていただく。僕流で行かせてもらうけど、不真面目なわけではないのでご了承ください。
 とにかくオメデトウ!
ちくわパン
 今日の晩ご飯は、ちくわパン1個。
 ハマってるわけじゃないが、安いし「オカズ感」があるのでつい購入してしまう。味も悪くない……と思う。フジパンの奇襲作戦にまんまとやられているのか僕は……。


1263147_531295185.jpg

↑空袋を集めてます。


1263147_966083315.jpg

↑袋から出してすぐに出現するちくわ!


1263147_21963219.jpg

↑かじったらこんな感じ。ちくわの中にチーズが見える。


 画像が悪くてすいません。
 まあとにかく面白半分で購入してみてはいかが?
鴨志田さん死す.
 鴨志田穣氏死去 フリーカメラマンとの知らせ。
 カモのがんばらないぞを楽しみにしていたのになぁ……。そのうち西原理恵子さんの毎日かあさんでもマンガとして描かれるだろうなぁ……。
 離婚してアル中で癌で元妻の元へ戻って、「妻」と再び呼ぶようになって、展開的にはこれからだったのになぁ。死に水をとる決意で鴨志田さんを戻らせた西原さんは懐が深いなぁとつくづく感じる。合掌。
越中詩郎大好き男
 現在発売中のFRIDAY増刊『DYNAMITE』に、7Pに渡って【ド演歌ファイター】越中詩郎大好き男の【男汁】素顔(←長っ)なる特集があった。コンビニでついつい立ち読みしてしまったら、30分ぐらい経っていた……。
 ケンコバ(参照)の好きなAV女優の項目で、「麻美ゆま」って! 一般人はたぶん誰も知らんがな!(笑) って僕と同じじゃん! イチオシですよ!(笑)
 巨乳なんてどーでもいい派の僕が、これはいい!と思った巨乳の女優さんだ。白い肌とボディラインが綺麗です。表情によってはほしのあきに見えないこともない。う~む……。ケンコバめ。やるな御主(笑)。

 ところで、越中詩郎のIWGP王座挑戦はどこいった!?
房室ブロック
オヤジは身体障害者1級だ。
房室ブロックのため、心臓にペースメーカーを入れている。

ペースメーカーの手術の時とかで、下の世話をするのがとても苦痛だった。
どうして嫌いなオヤジのクソの始末をしなくちゃいけないのか!と。
(その10年後、脳硬塞で倒れたオヤジの下の世話を再びすることになるのだが。)

嫌いとか好きとか問題じゃなくて、
下の世話ぐらいできるようになるべきだと思う。
看護士さんなどの苦労がよくわかる。わかっておくべきだ。
看護婦の服装に欲情する人がいるけど、僕にはそれは無理。
あの服装は、命と闘っている姿のスーツだからだ。

話が少し逸れた。
房室ブロックによってペースメーカーを入れたオヤジに向かって母は言った。
「人造人間キカイダー。」
迂闊にもうまいこと言うなぁ、と思った。

で、その後、母は肺癌で死ぬ。
母方は癌家系だ。
ついでに父方は脳硬塞家系。
しかも房室ブロックも遺伝する可能性大らしい。

自分は、どの病名で死ぬのかな?って、
タバコと酒を鱈腹やりながら呑気に思っている。

「僕はどの病気で死ぬと思いますかね?」って友人たちに聞いたりしたら、
「自殺に近い……。(その後、言葉を濁す)」って言われる(苦笑)

仕事ですごく世話になった人が、自殺によりミイラ化死体で発見された時、
僕は仲間らにすごく見張られた。心配された。
自殺した人の影響を受けないかと。
僕はあの時、過労死を目指していたのになぁ。

死に方も産まれ方も選択できない。
でも、生き方は選択できる。
僕はどうやら悪い方向へ流れているみたいだけど…。
でも、後悔はしていない。
タバコも酒もうまいし、仕事は全力投球(のつもり)。

人造人間で、左半身不髄で、痴呆もきているヨタヨタのオヤジが言った。
「長生きしたいなぁ…」

僕には理解できない。
僕は子供は作らないから、初孫を見る機会もなかろうに。
しかし、僕以外は誰一人として見舞いにも来ない
老人ホームの中でオヤジは待っている。
幸せを待っているのか、死を待っているのかは知らないが。

オヤジを嫌いなことも、憎んでいたこともすべては愛情表現の一部なんだろう。
僕は今、難解な公式を解こうとしているのか?
たぶん正式な答えは出ないだろうけど。


2005年04月10日03:38

copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。