FC2ブログ
【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親友が死んだこと
 親友が死にました。
 と言っても二年以上前のことです。愛猫の一匹目が死んだ後の初夏でした。いろいろ思うところあって今まで書きませんでした。忙殺されていたわけではありません。書こうと思えばいつでも書けたでしょう。だけど親友の死を消化できるわけでもなく、鎮魂にもならないので書きませんでした。
 
 アイツは女癖が少しだけ悪かったものの、僕にとっては確実に飛び抜けて唯一無二の存在でした。掛け替えのない存在でした。もうあんなヤツは二度と現れないでしょう。趣味も思考も志向も似た所があり、お互い口も悪く、よく罵り合いました。笑いながら。

 アイツには迷惑をかけました。黙って許してくれるどころか、お釣りさえ払えないほどの恩恵も受けました。だからこそ意識不明のボロボロになった状態を見たくありませんでした。強い強いアイツがあんなになるなんて……。

 アイツは歩くのが速い男でした。知り合った当時は僕も速かったけど、大阪梅田の人ごみを抜けるのはアイツの方が少し速かったです。そして逝くのも早かった。馬鹿野郎と言いたいところですがアイツは一つも悪くないのです。

 アイツにはもう感謝の言葉しかありません。しかし、ありがとうを百万回言っても足りません。足らないけど僕は死ぬまでアイツだけには感謝し続けるでしょう。ありがとうありがとう、と。

 アイツが一晩だけ我が家に泊まりました。分骨された状態で。軽い軽い遺骨を重い重い持ち方で手の平に置いて話し掛けました。「今日からオマエが生きるはずだった残りの人生、俺の目から見てろよ」と。俺の人生も終着までついでに見といてくれや。

 オマエは死ぬほど頑張った! 死ぬほど頑張ってもどうしようもないことがたくさんあるとよぉく分かった。ありがとうありがとう、二度と無い親友。どうか安らかに。

  
 
スポンサーサイト
no pain,no gain
 つい最近、日本では「プロレスの神様」と称されたカール・ゴッチさんが亡くなった。彼の座右の銘のようなものは、「ノーペイン・ノーゲイン」(苦しみなくして得るものなし)だったらしい。

 晩年も、毎日欠かさず腕立て伏せ200回をこなしていたという。もちろんスパーリングなどもしていただろう。
 僕は思うのだが、200回の腕立て伏せは晩年に必要だったのか? それくらい厳しく自分を追い込み鍛えられるというのはとても素晴らしいし、凡人には真似できないことだけど、腕立て伏せなどをしてても健康がいきなり崩れてポックリ逝っちゃうんだな。僕は長生きだけはしないつもりなので、その気持ちは理解できないのではなく理解し難い。
 
 僕の嫌いな言葉に「生涯学習」という造語があるけど、まさしく生涯鍛錬だったんだろう。得るものがあるんだろう。ちなみに、「死ぬまで勉強です」という言葉は嫌いじゃない。特別養護老人ホームにいる老人に、「将来の夢は?」って訊く子どもも嫌いじゃない。

 今の苦しみと不安は筆舌し難い。どのように何をすればいいかもわからないし、何をしてもらえれば嬉しいとかもわからない。昨日、久しぶりに某編集部へ行ったら、ほとんどの人の名前を失念していたし、伝えたい言葉がど忘れどころか出てこなく、言いたいことの半分も喋れずだった。
 僕のことをブログなどで知ってる皆は、僕にどう応対していいかわからないだろうし、僕もどう応対されたら嫌な気持ちにならないのかがわからない。
「考えるな。考えるより感じろ!」
「やってみなけりゃわからない」
 などと言われちゃしまいだが、そうすることが物凄い不安とストレスなどを伴うので正直怖い。苦しんで得るものがあるのかわからないのだ。たとえ得るものがあっても、それがプラスなのかマイナスなのかも判断できない。僕は物心ついた頃から、物事がプラスに転じたことがないのだ。

 こういう時はやはり昔でも懐かしんで、自慰的なことでも書くのがいいのだろうか。



◎本日のデザート
鴨志田さん死す.
 鴨志田穣氏死去 フリーカメラマンとの知らせ。
 カモのがんばらないぞを楽しみにしていたのになぁ……。そのうち西原理恵子さんの毎日かあさんでもマンガとして描かれるだろうなぁ……。
 離婚してアル中で癌で元妻の元へ戻って、「妻」と再び呼ぶようになって、展開的にはこれからだったのになぁ。死に水をとる決意で鴨志田さんを戻らせた西原さんは懐が深いなぁとつくづく感じる。合掌。
バッドニュース・アレンさん訃報【海外版】
 このブログへ「バッドニュース・アレン」って検索キーワードで来られる方が多い。
 またライブドアスポーツの記事でも、「アレンさんの死は地元メディア(カルガリー)でも大々的に報じられている」と書かれてあるので、↓検索してみた。

 みなさんも「BADNEWS ALLEN DEAD」でググってみましょう。グーグルの検索結果一覧にある「このページを訳す BETA」をクリックすると、めちゃくちゃな日本語ですが、なんとなくわかりますよ。英語が読めない方はお試しあれ。アレンさんの公式ホームページも出てきますよ(なんかPCがおかしな反応をするけど……)。


 僕が思うバッドニュース・アレン(ブラウン)さんは、いつも主役じゃなかった。新日本プロレスの時代は、ブッチャーやラッシャー木村の子分的存在だった。でも、ビルドアップされた黒光りしたいいカラダの持ち主で、プロレスも上手かった。Uインターに登場した時にはメタボリック気味だったけど。日本で培われたレスリングの能力は、素晴らしかった。YouTubeに彼の動画もあったけど、ワールドプロレスリングの中継動画が観たいなぁ……。ついでに彼のトークショーの動画も発見。
 昨夜、TBSの『ブロードキャスター』の“お父さんのためのワイドショー講座”に、チラリと来日しているブッチャーとデストロイヤーが出演していた。ブッチャーは元気そうだった。アレンさんのことについてブッチャーがどう思っているかを訊きたいなぁ。
バッドニュース・アレンさん死去
バッドニュース・アレンさん死去の記事
日刊スポーツの記事

なんだか頑丈そうな人だったのになぁ。
心筋梗塞かなぁ?
まさにバッドニュースだなぁ。
桜咲く。池田晶子さん散る。
 仕事場近くの国道沿いの桜たち。一部ではもう花が咲いていた。
 桜の咲く季節は人が逝く季節だ。これは間違いないと僕は知っている。満月の日もそうだ。でも、今日は満月まで数日早かった。

 池田晶子さんが亡くなった。新しいケータイ画面のテロップなんてもので知った。同姓同名の別人かと最初思った。ひょんな事から池田さんの名前を知って、ひょんな時にひょんなものでもう絶対会う事ができない人だと知った。

 彼女にいつか僕の書き物を酷評してもらう事が一つの夢だった。果てしなくマスターベーションだ、と酷評されたかった。時間はどんどん過ぎて行くのだろうし逝くのだろう。容赦なく散ったはずの桜がもう息吹いている。だが一つとして同じ花はない。

 池田さんを知ったのは割りと最近の事だが、ごく最近に彼女の連載や書評を読んだ時、「前から厳しかったけど、なぜ特に今こんなに辛辣なんだろう?」って疑問が沸いていた。そして、辛辣な中に優しさを見つけたりした。今日になってその疑問がやっと解けた。死期を悟って、きっと書いておかねばならぬ事を綴っておられたんだろう。

 春。また一人大事な人を亡くした気分だ。
 容赦なく早まる世の中のタイマー。いくらなんでも早すぎるだろう。池田さんも桜も……。
 合掌。そしてありがとうございました。


2007年03月02日23:08

1069316_1646782179.jpg

copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。