【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんぐりクラブ
 昨日は始発で帰宅し、泥のように眠って、起きて、しばらくしたらいきなり、後頭部にバールや鉄パイプみたいな鈍器で殴られたような激痛。椅子から落ちてソファーにしがみついて、声にならない声を発しながら、後頭部を押さえてのたうち回っていた。

 さすがに主人の異変に驚いたのか、猫たちがいつもは出したことのない声を上げながら僕の周りを取り囲んだ。その猫たちをなだめるように、片手で猫たちを撫でながら、片手で後頭部の痛みをさすった。いつの間にかベッドに横になって、激しい雷雨を聞きながら、眠り込んでしまった。

 さっき起きて、ニュース記事を見た。昨日の雨で、神戸の都賀川で増水し、急すぎる濁流が子どもらを流したそうだ。何名か亡くなったそうだ。都賀川と言われてもピンとこなかったが、このニュースの中には、流された子どもらは民間学童保育「どんぐりクラブ」だったという内容が……。

 かつて何度も足を運んで、子どもたちとプロレスごっこをして、蹴られたり、ちゃぶ台の下敷きにするとなぜか喜ばれたり、おかしなあだ名をつけてもらったり、大人も集まって田んぼを借りて米作りをしたり、琥珀亭のおいしいケーキを食べたり、みんなで泊まったり、立派な指導者の森末さんたちがいた、あの六甲のどんぐりクラブだ。間違いない。
 
 阪神淡路大震災のときには、途中から現地まで歩き、子どもたちには玩具を、大人には日本酒を持って行ったが、

「この日本酒は灘産やね(苦笑)」
「子どもらはそんな難しい玩具イライラするだけかもよ」
「玩具屋さんが廃品としてゴミ捨て場に出した玩具を集めてきて遊んでるよ」
「子どもらの中には家が潰れた子もいるけど皆元気よ」

 なんて言われて赤面してしまって、お菓子などを振る舞われて、どっちが被災者なのかわからない感じだった。地震で、普通は2階建てなら1階が潰れるものなのに、「なぜか2階だけが潰れて、下(1階)のもの全部運び出したよ」って言っておられたなあ。

 当時の子らは、成人して大丈夫かもしれないけど、その子らのそのまた子らや、亡くなった大人に当時の子らや関係者が混じっているかもしれない。キャンプで、子どもたちが、鶏を〆て捌いて食べてた写真や、川で全裸になってる写真を見て「○○くん、キミはチンコ出し過ぎ!(笑)」なんて言ったら、なぜかすごく喜んでた子どもら。僕がトイレに行ったら覗きに来て「毛ぇぼーぼーやぁ!」と騒いでた子どもら、大好きな人と行って、「お兄ちゃんら、もうチュウはしたんか?」と冷やかしてケラケラ笑ってた子どもら。

 当時なら、あんな護岸工事川でなにもしてなかったのになあ。ニュースで見たあんな川じゃあ、流されても掴まるところさえないよなあ……。護岸工事って、魚だけじゃなく人命も奪うんか? 監視カメラまである鉄砲水を想定した川なら、なんで市民が降りられるようになってるんや? ダムが上流の川みたいにサイレンとかないんか? 





 どうかまた、あの雰囲気、また取り戻してください。電話番号はケータイに入ったままですから。いつかまた行きますから。
 どんぐりクラブの再起と、お亡くなりになった方たちのご冥福をお祈り申し上げます。

 
スポンサーサイト
人生は、死によって醒める夢だ
 タイトルは、マンガ『GANTZ(ガンツ)』の単行本の帯より拝借。気に入ってるんですよね、これ。

 毎週読んでいるマンガは『GANTZ』だけです。海原雄山が丸くなってしまい、山岡士郎が雄山化して、なお完結せず、主人公を変える動きのある『美味しんぼ』はもう欠かしてます(1~91巻まで持ってるけど)。魚介類に関していえば、『築地魚河岸三代目』というマンガの方が『美味しんぼ』よりずっと詳細です(面白くないけど)。

 『GANTZ』だけは一度たりとも欠かしたことはございません。週刊ヤングジャンプにて隔週連載中です。読んだことない人は、ネットカフェあたりで1巻から購読を。読むほどに深いし不快かもですが。

 あ、ちなみに最近見かけるようになった「女性のみ無料のマンガ喫茶」へは行かないようにね。
↓下記参照
http://www.tanteifile.com/diary/2008/03/04_01/index.html
http://www.tanteifile.com/diary/2008/03/05_01/index.html


57435_2972231237.jpg
57435_1246708789.jpg
57435_124490369.jpg


 今は、mixiがこのような(無法地帯宣言を放置の)状態ですし、なんらかのユーザーを安心させるようなmixi側からの公式発表があるまで、「猪木にたじたじの巻」日記は無期延期させていただきます。ネタとして凄く面白いのにもったいないですが。

 つーか、早くしないと株価の更なる暴落どころか、ここぞとばかりに他メディアやマス媒体からのmixiへの田代砲 一斉攻撃が始まってしまいますよ。次の出方次第で、株式会社ミクシィ及びmixiは終わるかも?と言っても過言ではないでしょう。



 先々月の借金返済のために仕事場のノートPC(MacBook)を売り払うことになったのはお伝えした通りですが、今は仕事場に余っていたWindows搭載マシンを使っています。あれほどまでにWindows拒否というかアレルギーの僕が……。適当に覚え模索しながらいろいろしています。

 しかし、なんでWindowsユーザーは、あの仕様である変な気持ち悪い書体に対して暴動を起こさないの!? ついでに、ショートカット等キーボードの打ちにくさとか、Vistaのダサくて恥ずかしいロゴデザインとかも含めて。 

 僕にキーボードの打ち方やマウスの使い方から教えてくれたのは、書籍でも人でもなく過去のMacintosh(Performa)でした。PCの初心者は、Macを使うべきです。(搭載のソフトも含めて)Windowsは習わなければ、学習しなければ、超初心者の大人(特に老人)は覚えられません。特に日本においてPCは、老人を最優先にしたツールであるべきなのです。設定の難しさなんてコレで即解決しますし。

 マス媒体で話題として取り上げられるからと言って、消費者というターゲットを少数派のガキンチョにしぼらず、タンス預金を隠し持っている老人の方に定めるのがいいと思うのになー。購買層を重視してるんだろうけど、購買層はいくらでも新規開拓できるのに、なぜ未だにヒジキみたいなマツ毛のギャルたち中心をターゲットにしようとしてるのか僕にはわかりません。

 老人福祉って実は、金銀財宝を積んだまま海底に沈んだ船ですよ。といくらかの人たちに発射しておきます。


 今夜の〆を一言。
 mixiは、退会によって醒める夢だった(過去形)。



ビリーの虚言
「昨日なに食べた?」
「うどんだけ」
「うどんだけー?」
どんだけ~!」
 

 おはようございます。
 IKKOという人の顔と名前が、先週ようやく一致した僕ですよ。名前を知りませんでした、ええ。「どんだけ~!」って、IKKOの持ちネタ(?)だったんですね。ウィキペディアで見ると、「どんだけ~!」を使い始めたのはFUJIRAWAの片割れらしいですね。 YouTubeでも吉本興業さんが公式にこんな動画をアップして必死ですね(冷笑)。どんだけ流行語大賞ほしいねん!(笑) これはオカマ本人が言うから面白いんだよ、吉本さんの中の人。
 とにかく「どんだけ~!」の使い方のポインツがいまいちわからないんで、誰かご教授ください。あ、それとオカマは嫌いです。あいつら、オカマを餌に好奇心旺盛な女をおびき寄せて“食う”から(当社比)。


 さて、ビリーブートキャンプに対抗して、『サラダパンブートキャンプ』という動画をYouTubeにアップしようと思うのですが、実際に観たことないので台詞や動きの学習が必要です。誰かDVD持ってたら貸してください。
 ビリーといえば、来日した際に週刊文春(もしくはFLASHかも?)の誌面上でのインタビューで、「腹が出てるのでは?」とツッコまれて激怒してました。ビリーは、

「そんなことはない! 2週間後に新しいDVDの撮影があるから、大好きなアイスクリームをやめてシェイプするよ!」

 と、自身の存在さえも否定するような発言をしていました。どんだけ~! 結局、痩せるためには食事制限なんですね……。
 こんなのが100万枚も売れたのかと思うと、日本は本当に第二次バブル時代なのかも、と思いました。知り合いの筋肉お化けのような格闘家も入隊したらしいんですが、ビクトリーした感想は、「筋肉痛になるだけ~!」でした。

 というわけで、どなたかビリーブートキャンプのDVD貸してくださいよぅ! うどんおごるから。
元ハンセン病詩人・桜井哲夫
 僕が、桜井哲夫という詩人に猛烈な興味を抱いたのは、投稿掲示板に貼られてあった1枚の画像が原因である。貼付けた奴は、たぶん安易な気持ちだったのかもしれない。しかし、テレビを全く観ない僕が、こうして金正美さんの著書で「桜井哲夫」という偉大な詩人の素顔に少しでも迫れたのだから、「おかげ様で」と貼った奴に言うべきだろう。

 金さんと桜井さんの出逢いは、まさに「運命の出逢い」と言っても過言ではない。金さんが桜井さんと出逢ってから、“らい予防法”なるものが廃止されたのは奇跡でもなんでもなく、当然の如くの運命。侵略への懺悔や在日問題には賛否両論あるだろうが、これがなければ僕は、桜井哲夫さんの本音も目にすることができなかったろうし、桜井哲夫詩集にも出逢えなかったろう。著者は謙遜するかもしれないが、桜井哲夫という人物を少しでも知ることができて本当に感謝します。

 「人間はね、大きな役目を果たした時に人生を終えるの。~~~」。桜井さんの言葉は一つ一つが重く意味のあるものばかり。そして、時にはチャーミング。それをこのように書き留めた金さんに拍手したい。ご本人は「桜井哲夫が書かせた」と書いておられるけども。

 本のタイトル『しがまっこ溶けた』は、これ以上ない素晴らしいタイトルだ、と読み終えればきっと誰もがわかるはずだ。この本を購入してから少しずつ少しずつ読み、読み終える今日まで2年かかったのは、僕の「遅読」のせいもあるが、少しずつ読みたいほど大切な内容が綴られていたからであろう。これから僕は『桜井哲夫詩集』を読み始める。この詩集を読むために、まずこの『しがまっこ溶けた』を読んでおいて正解だった。桜井さんの詩を丹念に噛み締めて読みたいと思います。金正美さん、そしてこの著書に関わった皆さん、ごくろうさまです(「苦労」という漢字は当てはめたくない)。いい本をありがとうございます。ハンセン病患者隔離という出来事があったことを、この本を読んだ証として胸に刻もうと思う。僕もいつか桜井さんにお会いしたいなぁ。

しがまっこ溶けた―詩人桜井哲夫との歳月 しがまっこ溶けた―詩人桜井哲夫との歳月
金 正美 (2002/07)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る
江口ともみさん、テレビロケの事故で腎臓摘出
ロケ中に女性タレントがけが=TBS
TBSロケでまた事故キャスター重傷

 つい2日ほど前に江口ともみさんのオフィシャルサイトを偶然閲覧していたから驚いた。なにか虫の知らせなんだろうか。それにしてもいつの間に、つまみ枝豆と結婚してたんだ!? 
 オフィシャルのBBSを見ていると、江口さんはすべての書き込みすべてに丁寧なレスポンスをされておられた。今まで喋りに好感を持っていたのが、さらに好感度UPしたところなのにこんな事故に遭われて残念。

 江口ともみさんといえば、実は昔、“お菓子系”と呼ばれる雑誌の発端となった、ちょいエロ系グラビア雑誌『すっぴん』に出ておられて、よくお世話になった(←変な意味ではない)。数年前、神保町の古本屋で見かけたかなり古いバックナンバーが、3000円以上(いや、もっと上か?)だったのに愕然としたのを憶えている。実は家に数冊ストックというか保管しているのだが、どこで売れば高く買ってくれるだろうか? やはり、まんだらけかな?(←不謹慎ですいません)

 それにしても腎臓摘出(←これはさっきスポーツ新聞で知った)ってあまりにも……なのでホントかわいそう。とにかく、江口さんの早期ご回復を願っております。


d_01.gif
独学で覚えたギャル語を喋るアメリカ人の女の子
 ギャル語をしゃべる人気のキャロリンちゃんという記事がエキサイトニュースに出てた。記事に動画が貼付けてあったので観てみると、なんかとてもフツー。普通に日本人の言葉に聴こえる。目を閉じて聴けばなおさら自然な日本語。記事にはギャル語と書いてあるが、そんな事はあまりなく、癖のないきれいな日本語だ。アグネス・チャンよりもずっと癖がない日本語だ。
 
 何が言いたいかといえば、このキャロリンちゃんは僕より日本語が上手いってことだ!(泣) 「どもり」で悪かったなチクショー! 僕は、独学のアメリカ人以下だなんて……。

 ついでにYouTubeのキャロリンちゃんのページも発見した。僕もこういう事やって遊びたいのだけど、周囲でYouTubeに動画をアップするような奴が1人しかおらん! 楽しんで遊べへん……。僕の動画なんてどうせ「テロップ投稿式動画閲覧サイト」などで、バカだのアホだのキモイだのとテロップで入れられて終わりだろうしなぁ……。

 しかも、このキャロリンちゃんったらこんなブログまでやってるし! 文脈が楽しげで、僕のこのブログより面白いやん!(泣) 参った。降参です。日本人として出直します……。
死人に鞭打つつもりはさらさらないが…
32468282_221.jpg

32468282_68.jpg



まずは画像の文面をよく読んでほしい。
(※週刊新潮 2005年8月11・18日夏季特大号より)

この池田晶子さんのエッセイが指しているのは、
奥○貴宏さん(故人)のことだと思うる。(※註追記:飯○夏樹さん(故人)もほぼ同じ時期、同じように癌で闘病してブログにして亡くなっておられる。誰か当時の事情に詳しい方いませんか?)
(最初に断っておくが、彼[彼ら]は素敵だと思う。)
彼(飯○さんの場合)の著書(遺作)は、『新潮社』から出されているが、
奇しくも『週刊新潮』で上記の画像のエッセイが載せられているのだ。
生前に作られた彼自身のブログ(公認ブログではない方)を
見てもらえばわかるだろうが…(今は閲覧できない状態)。
ブログに残っていたコメントは、絵文字満載で
俗に言う「某掲示板語」によるコメントもたっぷりだった。
(※検索結果、御本人のブログはサーバーのパンクという理由で閉鎖された模様。後に出版物として世に出るらしい。)



『~~~妙に慣れ慣れしくも底の浅いネット言葉で、大量の反応が即座に返ってくる。御本人は、「元気をもらう」と喜んでいたが、どんなものだろう。そんなもので、本当にいいのだろうか。大事な時に、大事なことを、深く徹底的に語り合う友というのを、この世代は欲しないのだろうか。
 結局この人は、自分の最期をイベントに仕立てて他人に見てもらうことに、最後の生き甲斐を見出して死んだわけだ。~~~』(画像の週刊新潮の後半より)



池田晶子さんのこの言葉に要約されてるんじゃないかな?
「某掲示板語」とされる文字表現や絵文字を
知らず知らずのうちに遣っていても、
「自分のは真似のつもりじゃない」
「十人十色」
「人それぞれ」
「別に某掲示板の影響じゃない」
「百人いれば百通りの考え方がある」
「みんな遣っているじゃん」
などとぬかすんだろうな。
君たちは、人々を統括したことがあるの?
十人十色の人々を統括する難しさを知らないで、
自由人や無頼、下等な個性を気取ってるんじゃないの?
そんな人に「これは自分の個性」なんて言ってほしくないね、と言いたい。

「“某掲示板語”っていうけど一般的になってるじゃん!」
と言われそうだが、それまでは“某巨大掲示板”だのと揶揄されて、
最近になって『電車男』などが主に免罪符となり、
ようやくマスコミに表向きに取りあげられるようになっただけ。
しかも、皆が言うほど日本国ではインターネット、
特に裏のネット世界は普及していない。

挙げ句の果てには、
「やらない善より、やる偽善!」
と言うのだろう。心当たりのある人は…。
よく某宗教会員に「お前とお前の母親のために毎日、題目あげてるよ」
って言われるのだが、そういうことを聞くたびに
「やらない善より、やる偽善」の正体が下衆なものに思えてくるのだ。
最初は「うまいこと言うなぁ~」と思っていたのだが、
「やる偽善」には、もう嫌悪感しかない。
そもそも最初から行為を偽善だとわかっている人は、
その偽善行為すらしないはずなんだが…。
そして、ほんのわずかな「やる偽善推進者」を食い物してきた連中、
食い物にされた人々を何度も見ている。
とにかく、偽善じゃなくて善をしよう。
「何をもって“善”とするのか?」って??
そんなこと自分で考えてください。
少なくとも、あの某宗教団体の言葉に善はないです。


死に逝く者に対して、絵文字満載、浅はかなネット用語でしか
応援することができない、「ネット中毒者」「表現知障者」たちに
励まされて嬉しいと思う人の感性は、
最早、ちんどん屋より遥かに下の「かまってちゃん」なのだ。
(ちんどん屋は偉いのだよ!)
さらに言うなら、自分の死を餌にしたナンパ者だ。
いや、「聞いてないよ~!」と言いながら、
わざわざ罠にハマって戯けてみせる芸人に似ているかもしれない。


以前、故人作のブログのコメントで、
「ガンバレ!」って言葉を遣っている応援者が多かったのが印象的だった。
応援するのは偽善じゃないと思う。
しかし、本当に頑張っている人に対して、
それを言うのは“愚か”かつ“酷”でしかない。
重病人の見舞いに行って、寝ている患者を無理に起こさせる行為に等しい。
見舞いをしてもらって嬉しいのは、患者本人が好きな人たちだけだ。
(それさえも、時と場合によるのに…。)

ジミー大西が、「頑張って!」と言われた時に
「お前も頑張れよ!」と言うギャグを使っていたのを思い出した。


時代が変われば、そんな中身の薄い言葉のやりとりは色褪せていくし、
将来、故人のことや時代背景を知らない者にとっては、
あの『絵文字入りガンバレ!コメント』は、
陳腐で退屈なものに思えるようになるであろうし、
そうなってもらいたい。


今まで、死を餌にしてきた僕が言うのだからたぶん間違いない。





***************************************


ちなみに、恥ずかしくも昨日まで池田晶子さんという人を全く知らなかった。
こうやって文として記しているのは、
「共感したから」という単純な理由ではなく、
自分に対して図星の一部分を突かれたようで心痛いからだ。
 


2005.8.18
板尾の嫁
 板尾の嫁がブログを始めたらしい。知らなかった。コレ
ホームレス
路上生活者のことをホームレスという。
実は、ホームレスと呼ぶのはあまり好きじゃない。
なんでもかんでも横文字にするのは田中長野県知事みたいでイヤだ。
田中長野県知事は嫌いじゃない。むしろ面白い。

話がそれた。
僕は、道を歩いているとよくホームレスに出くわす。
風に乗って漂ってくるあの悪臭。
昔の自分なら嫌悪感を覚えたろう。

今は違う。
彼らを見る度に
「明日は我が身、明日は我が身」
と思う。
言い聞かせる。

うちの近所に女性のホームレスがいる。
彼女はいつも布団を抱きかかえて、とびきりの悪臭を漂わせている。
他のホームレスなら思わないのだが、
彼女を見つけるとJOKERをひいた気分になる。
その日、一日が暗い気分になる。
そこには彼女に何もしてあげられない自分がいるからだ。

モンゴル料理店のカウンターで接客をしていたら、
元日本赤軍系のおばさんに気に入られたことがある。
おばさんはホームレスの男性と来客していた。
店のモンゴル人マスターが露骨に嫌悪感を僕に囁いた。
でも僕は、おばさんのトークの相手を続けた。
海外渡航禁止が解かれてレバノンに行ったこと、
知事選挙に立候補したことがあること、
西成区でホームレスに炊き出しやらのボランティアをしていること、
冬になると路上で凍死したホームレスをリヤカーに乗せて集めまわること。

マザー・テレサはこう言ったそうな。何処まで本当か知らないが。
「大切なことは、遠くにある人や、大きなことではなく、目の前にある人に対して、愛を持って接することだ」
「日本人はインドのことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります」
「『汝、隣人を愛せ』とは愛が身近な人々から始まるということであり、日本の貧困を見捨てて海外の貧困を救済するの輩は偽善者なのである。日本人なら、まず日本人に手を差し伸べるべきである」

新潟の地震でたった一日、二日のボランティア志願をして役立たずと言われた諸君。
あなた方は尊いことをしようとしたが失敗に終わった。
いっそ、大阪の西成区のあいりん地区にでも行ったらどうだい?
そこには報道さえされない悲惨が待っているのだから。


2004年11月18日18:09
オギーはケンコバと仲がいい
やっぱ今、越中詩郎がキテるって!

R25でも取り上げられたって!

◎直接原因になったアメトークでのケンコバのネタhttp://www.youtube.com/watch?v=VsqetXeV6AE

◎ケンコバ越中詩郎漫談http://www.youtube.com/watch?v=m7VXJx0wG8Y

【参考】越中詩郎のヒップアタックはこんなんだって!
http://www.youtube.com/watch?v=bzBn0xBlx7Q&NR

【おまけ】ケンドーコバヤシ「ヒトのプーさん」
http://www.youtube.com/watch?v=TLdl6W5T-EE


49歳にして越中がIWGP王座挑戦決定だって!
Tシャツやグッズもバカ売れだって!

どうでしょう? デブ担当様。ケンコバと越中の対談とか。比較とか。
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。