FC2ブログ
【大阪タワー☆忘れたい人】
良心の呵責に苛まれ続けるブログです。



 ようこそお越し下さいました。どうもありがとうございます。ごゆっくりしていって下さい。
※ご読了後に、各記事の右下にある「拍手」ボタンを押してもらえるとぬか喜びします。読んでもらえてるんだ、と実感します。コメントなんて特に要りませんから、過去記事にもお気軽にクリックしていただけると幸いです(これは、あらゆるランキングとかアクセス解析とかに全く関係ありません。単なる自己満足です)。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙川
そこには悲しい川が流れ、
傍らには静かな家族が住んでいた。


その子はとても小さかった。
身長が130センチより伸びなかった。
運動でも勉強でも成績は並み以下だった。
小さいことをネタにいじめられたが、
学校を遅刻欠席したことは一度もなかった。


そこには逞しい川が流れ、
傍らには健気な家族が住んでいた。


その子の母親も小さかった。
たぶん遺伝なんだろう。
参観日にその母親が現れると、
イヤな奴らの冷やかしの声が飛んだ。
「お前の母ちゃんもチビ」
センセーは静かにさせようとしたが、
自分たちより小柄な大人に大はしゃぎ、
その子は黙っていたけれど、
その子の母親はにこやかだった。
だって我が子の晴れ姿が毎年見れるんだもの。


そこには緩やかな川が流れ、
傍らには慎ましい家族が住んでいた。


その子の父親は老けていた。
お父さんと云うよりお爺さんという風貌だった。
実際は何歳なのか家族以外知らない。
体の具合が悪いというその父親を
見たのは、結局一回だけ。
よぼよぼとした足取りで父親参観に来た。
みんなは誰の親か分からずにキョトンとしていたけれど、
僕は不安げに後ろを向くその子の姿で気がついた。
それ以来、見かけなかったけど、
小さな小さな家が少し大きめの倉庫みたいな家に改装された時、
あのお父さん頑張ったんやなって思うた。


そこには弱々しい川が流れ、
傍らにはひっそりと家族が住んでいた。


図工の時間、隣の席のその子を描いた。
本物よりできるだけ美人に描いた。
描き込みすぎて迫力が出てしまった。
「あんな顔、よう見るわ」
「うわぁ、似てる~」
などとイヤな奴らが言って笑った。
なんで似てるのに笑われるのか。
あの子の顔を見たら目でも潰れるのか。


そこには貧しい水量の川が流れ、
傍らにはこらえた家族が住んでいた。


中学生になってもその子は小柄なままだった。
遺伝だとすればもう伸びないだろうって思うた。
運動も勉強もからっきしダメなままで、
馬鹿にされていじめられても無遅刻無欠席。
正直、何が楽しくて何が目的で、
その子が頑張っているのか分からなかった。
卒業後、進学した様子もなく、
あの家はあるのに行方知れずのままだった。
そうこうしてるうちに何十年も過ぎた。
あの老いた父親は亡くなったろう。
その子もあの母親も泣いたろう。
ささやかなささやかな幸せがあったから頑張れたからきっと泣いたろう。
ささやかなささやかなあの頃を思い出して泣いたろう。
あの子は晴れ姿をお父さんやお母さんに見せられただろうか。
あの子は何もかも乗り越えて今でも居るだろうか。
たわい無いお笑い番組でも観ながら煎餅でも食いながら屁でもこいてるといいな。


そこには清らかな家族が住み、
傍らにはこらえた涙が流れていた。
その涙の雫をこぼしながら、
小さな花が強く凛と咲いていた。



 
スポンサーサイト
親が死ぬといふこと。
親が死ぬといふこと。
あなたが今そこにいるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたは親が生きた証であるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが輝くことで、死してなお親も輝くといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたは弓から放たれた矢であるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたといふ矢は、的を目指し飛び続けなければといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたの新たな旅が始まるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたの中にこれからも生き続けるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが生きることと見つめ合うといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたは託された存在であるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたは今、一番哀しみに暮れていいといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが口にする飯が旨いのは、親のおかげといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが自分を大切にしなければならないといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたを見つめてくれる存在は、肉体を超えた存在になるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが魂を引き継ぐといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたは今、感謝をしなければならないといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたは靴ひもをキツく締め直して歩き出す気合いを入れるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが親を心から無くさない限り、親はあり続けるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたの責任が増えるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが甘えられる相手は返事をしてくれなくなるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが親子愛を確かめる瞬間が続くといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたは孤独ではないといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが決してくじけない強い力を持つといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが本当の意味で人生と対峙する局面であるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが亡骸に話し掛けて感謝を述べるといふこと。

親が死ぬといふこと。
これから毎朝、親のいない世界で生きるといふことを感じるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたはこれからの瞬間瞬間を大事に生きねばならないといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが親の子だと再認識するといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが掛け替えのない存在を失ったといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたは親にとって掛け替えのない存在として生きるといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたがいる限り、親は死なないといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたが幸せだったといふこと。

親が死ぬといふこと。
あなたへ課せられた、親からの最期の試練であるといふこと。
そして、その試練を乗り越えねばならないといふこと。







この日記を親愛なる貴兄へ贈る。
 遺 文  
寂聴みたいな




あたし
てか
ものまね
みたいな
てか
みんな
まね
だし
まぁ

に.ら.⨸
略して
にら
みたいな
40まで
あと○年
てか
年齢なんて
どうでもいいし
みたいな
大人げない
つーか
まぁ
生きているだけで
まるもうけ?
さんまさん
みたいな

てか
瀬戸内まいけるジャクチョンも
ケータイ小説
書いてるって
まじ?
でも
ほら
ここに
載ってるし

みたいな

てか
寂聴って
結構
若い頃
お股の激しい
女だったんだってね
てか
それが
今では
延暦寺の直轄寺の住職
成り上がり
YAZAWA!
勝ち組
みたいな


寂聴亡き後の
ポスト
狙ってるのが
たぶん
家田荘子
間違いない!
みたいな

てか

鬱から
脳梗塞に
派生したけど
60~70歳の
梗塞気味
って
思ってたら
実は
50~60歳
って
神経内科医が
言ってた
てか
10歳分
若返り?
ラッキ!
みたいな

てか
パーキンソン
疑ってた

症状的に
ほぼ
100%
当てはまってたし
みたいな
でも
医者は
「それはセーフ」
つってた
みたいな

てか
糖尿も
ないって
細かい脳梗塞が
そこらじゅうに
「いーっぱい」
あるって
「いーっぱい」
って
「いっぱい」
でいいのに
てか
強調しなくても……
みたいな

てか
他のこと
訊くの
すっかり
忘れて
吃りみたいに
なってた
感じかも?
訊きたいことは
メモってくのが
いい感じ?
みたいな

てか
脳梗塞の原因は
主に栄養不足
かつ
コレステロール
それって矛盾?
みたいな
てか
偏った食生活
だって!
確かに栄養
あまり
摂ってないし
てか
ラーメンか貰った野菜ジュース
ばっかし
みたいな

てか
俺の
脳梗塞
タバコ
あまり関係なさげ
てか
完全禁酒を
精神科医に
命令されて
甘いものを
たくさん
食べるようになったし
てか
神経内科医が
「それがダメ!」
つってた
無難な食生活って
意外とむずい
みたいな

てか
酒好きは
禁酒したら
甘いものに走る
みたいな
じゃなくて

酒の肴になるような
食べ物を
避けてたらそうなった
みたいな

てか
思ってたより
微妙にマシ
みたいな
それ

ちょい
嬉しいけど
もう
脳内も
体も
耐久力
2年弱
って
設定しちゃったし
みたいな
もう
これは
絶対
変えられない
みたいな

てか

心臓の検査
あるし
てか
心臓
痩せてた頃から
心臓肥大
って
言われてた
みたいな
てか
最近
よく
痛むし
いたいな
みたいな
てか
フランケンシュ
タイナー
みたいなー

てか
心臓の検査
だけなら
いいけど
もし
レントゲン
検査されたら
何度も
肺に影がある
って
言われてたし
みたいな
それは
勘弁
みたいな
できるだけ
それはスルー
したいし
みたいな

てか
そんなの
見つかっても

放置するし
みたいな
それって
自分の
本望でもあるんだけど
って感じ?
みたいな

てか
だって
ほら
人生に
〆切ある方が
いいでしょ?
いつ死ぬか
おびえながら
生きたくないのが
本音
みたいな

てか
目指すべき
道って
わかってると
どんな
険しい道も
時代に
乗っかってなくても
華開くし
みたいな

てか
臨終際になって
あれも
これも
したかった
みたいな
こと
ホントは
言いたく
ないじゃん?
てか
前の
日記で
書いちゃったけど
てか
マイミク
みんな
どん引き
みたいな

てか
みんな
いずれ
死ぬし
〆切だらけ
葬式だらけ
みたいな

てか
これからの
商売
葬儀屋か
僧侶
やっとけ
みたいな
映画
『おくりびと』
流行ってるし
みたいな

てか
やっぱ
寂聴
先見の明
あるし
みたいな
家田も
ブームに
乗っとけ!
みたいな

ブーム?
じゃない
てか
ポスト寂聴
いいよね
家田
みたいな

てか
寂聴とか
家田とか
呼び捨てで
ゴメン
てか
敬称略だし
みたいな


てか
話戻って

10年
精神科医
通い
ヤバいし
みたいな

どこかで見たけど
“鬱病の人が
「責任感を持って
努力して
気合を入れて
甘えずに
もう少しだけ頑張って」
やることって自殺なんだよね”
だってさ
まじ
わかるし
それ
みたいな

てか

できれば
ポックリ
逝きたいし
みたいな
感じ?
てか
その前に
でっかい病気
見つかっちゃった
みたいな
それって
医者とかくれんぼ
じゃあるまいし
みたいな

てか
ネットの連中
仕事早いね
もう
こんな
サイト

できてるし
みたいな

てか
まじで
今度
やってみよ
てか
すぐ飽きそう
みたいな
てか
もう飽きたし
みたいな

てか

まじで
お金ピンチ
のくせに
こんなの
書いてて
いいのかな?
みたいな
いいともー
みたいな

てか
ケータイ
止められてるし
今月中に
払わなきゃ
二度と
契約できない
感じ?
みたいな

てか
カードも
止められてるし
かなり
ヤバげ?
てか
楽観的
つーか

まじで
ボケてる?
みたいな

てか
この前
袋麺のラーメン
作ってた
それ忘れて
椅子寝
みたいな
てか
鍋が
炎上してたし
みたいな
部屋中
煙だらけ
てか
夜中だったし
煙が外に見えず
通報されずに
済んだ
ボケだな
もう……
みたいな

てか
さっきも
歯磨き
しようとしてさ
カミソリ
間違えて
持ってた
みたいな

てか
口の中
血だらけに
なるとこ
みたいな

てか
さっき
2週間ぶり以上に
シャワー浴びた
垢だらけ
みたいな

てか
どうりで
みんなが
くさそうな
いやそうな

してた
みたいな

てか
くささの
限度
越すと
くさくなくなるんだよね
みたいな

乞食
みたいな
尿の
ニオイ
じゃなくて
てか
まじ
不思議な
フレグランス?
みたいな

てか
かなり
前から
一日中
右側から
盆踊り
みたいな

聴こえ続けてるし
みたいな
てか
たまに
『ありがたや節』
になるし

てか
左からは
20年以上前の
全日本

新日本

プロレス中継
交互に
聴こえるし
みたいな

てか
**パウンド
ジャイアント
ばーばー
って
コール
エンドレス
みたいな

てか
とにかく
愛すべき
愛してくれた
人らに
なにか
残す
って
まじで
みたいな

てか
世界中
金融ショック

おかしいし
まじで
もう
戦争っきゃない!
みたいな
てか
戦争さえ
役立たず
インフレだらけ
みたいな
まじ
ヤバいくらい
世界中
危険が
危ないし
みたいな


そんな
時期
自分だけ
ドリカム
目指すって
どうよ?
馬鹿だよね

みたいな

てか
ドリカム
じゃないし
ドリーム
じゃないし
夢じゃないしさ
てか
生きてる
意味の
根本確認
つーか
このために

生まれた
みたいな

てか

くたばったら
検死の後
火葬場直行
OKよ
って感じ
みたいな
てか
葬式とか
戒名とか
お経とか
お題目とか
お墓とか
要らないし
まじで
みたいな

てか

いま
借金だらけ
かも
だけど
もし
死んでから
俺に
遺産みたいな
お金ができてたら
って
そんなこと
ありえないかも
だけど
お世話になった
友だち仲間みんなで
分配?
てか
山分け
みたいな
てか
うちの
親戚
特に
父方の
親戚には
一切
やらないし

てか
遺骨は
琵琶湖の
海津大崎の
あたりに
沈めてくれると
嬉しいかも
みたいな
だって
あそこの
景色
一番好きだし
春には
桜満開
でも
5月くらいは
栗の花のニオイが
精子の
ニオイっぽくて
すごいし
みたいな


てか
人はね
死んだら
「いい死に顔」
とか
「安らかな顔」
とか
うんざりするほど
よく言うけど
それって
ホントに
あるんよ
てか
遠縁の
おじさん
うちの
親父を
苗字で
呼びつけてた
怖いおじさん
死ぬ前
すげー苦しそうだった
てか
死んだら
苦しい顔
そのまま
だった
って感じ
みたいな

だから
俺の
遺体
くるしそうだったら
楽しそうな
落書き
顔に
書いてくれ
みたいな


だから
こんなこと
ばかり
書いてる
糞みたいな

なのに
みんな
みんな
すごく
ありがと
ね!
 

君のために死ねない




 もし、君が死にそうになっても、君が殺されかけようとも、僕は助けようとはするが命まで投げ出さないし、捧げない。でも、君は僕を恨まないはずだ。
 君はずっと待っていてくれる。僕が夢を叶えるのを。
 だから、君のためであろうとまだ死ねない。僕のために尽くし応援してくれた君のために。

 ここに書いた「君」は、あなたかもしれないし、周囲の皆かもしれないし、母の名かもしれない。もしくは全部かもしれない。

 ただ僕は、空想のような夢を描いてるわけじゃない。だから、亀よりも遅い動きになっても、あきらめないし死なない。
 たとえ、心臓が止まろうとも、灰と煙になろうとも、地球が無くなろうとも、永遠に君のために、何らかの形で生き続ける。そして、それを君に捧ぐ。

 ひとつだけ言っておくと、重い病になったけど僕はちっとも可哀想な人じゃない。パワーもお金もなくとても不自由だけど、僕は不幸じゃない。むしろ、幸運で幸福なくらいだ。なぜなら、君がいてくれたから。

 ありがとう。僕の君。

 
 
海のモグラ
父と子がいた。
川辺にいた。

子は訊いた。
「この川はどこへ流れているの?」

父は言った。
「海。いや、“明日”という未来へだよ」

「じゃあ、未来は海みたいにでっかくて広いんだね」
「そうかもな。でも、でっかくて広いだけが海じゃないんだよ」

父と子が会話する後ろには畑があった。
畑には農夫がいた。

農夫は何かを撒いていた。
売れる作物を育てるため、一所懸命に農薬を撒いていた。

農薬が土に滲みた。
それを見た父の心にも沁みた。

農薬を撒くという行為が沁みた。
それより、撒くしか選択肢のなかった農夫の窮状が沁みた。

土の中にいた大量のミミズがモグラが一目散に逃げ出した。
ある一匹のモグラは、土から飛び出て川に落ちて流された。

大量のミミズも川の方へ逃げて落ちた。
ブヨブヨの死骸になった。

ミミズの死骸を魚が食べた。
魚は、釣り人に釣り上げられて食卓に並んだ。

農薬を散布したところに風が吹いた。
その風に乗って渡り鳥が飛んだ。

農薬をたっぷり吸った渡り鳥は猟師に撃たれた。
猟師は農薬の渡り鳥をさばいて食べた。

渡り鳥がいなくなっても、風はずっと遠くまで吹き続けた。
やがて、風は大きな海を揺らし大きな波や小さな波を起こした。

波は果てしなく続いた。
波はある海岸に辿り着いた。

海岸の波打ち際は、風と波の終着駅だった。
砂粒もあれば、ゴミも何もかもがあった。

波打ち際にはあのモグラの残骸が横たわっていた。
今にも動き出しそうな、もう動かないモグラがいた。

僕はそれをずっと見ていた。
しゃがんでモグラに心の声で話し掛けた。

モグラが此所へ辿り着くまでをじっと考えた。
その残骸が朽ちるまで、また風と波が果てしなく続いた。



僕たちの“明日”の一部が海の畔に落ちていた。
モグラの姿をして落ちていた。

小さな小さなモグラよ。
長旅お疲れさん。

あの光景、お前の姿、忘れはしない、無駄にはしない。
たぶん。



これは数年前に見たモグラの話。
金沢の日本海岸にて。


砂漠の人
砂漠で行き倒れになっている男がいる。

男は喉が渇いて、もう死にそうである。
男は最後に一滴でも水が飲みたい。
水さえ飲めればもう思い残すことはないくらい、ただひたすら水が飲みたい。

そこに宣教師(僧侶でもいい)が偶然通りかかる。
宣教師は、水を持っていなかった。
宣教師は、この男がもう死ぬだろうと確信する。
宣教師は、この男が水を飲んだ途端に死んでしまうだろうと確信する。

宣教師は、男のために水を探すことを考えず、
生と死に関すること、死んでゆくための心得を説法する。
その説法が終わった途端、男は死んでしまう……。


------------------------------------------------------


果たして男は幸せに死ねたのだろうか?
宣教師は単なる自己満足に浸っただけではないのか?
男が本当にその時に欲しかったものは、説法ではなく水だったのだ。
もしくは、せめて宣教師に水を探して欲しかったのだ。


その男は、今の僕である。
僕にはありがたい言葉の施しなんていらない。
欲しいのは水である。



2002年11月16日
オリオン座
星座の形で知っているのは、オリオン座ぐらいのものだ。

はっきりとオリオン座と認識できる時、たいてい夜空は星でいっぱいだ。
そうでなけりゃ、星なんて意識して見ない。

オリオン座を眺めていると、それを見つけた嬉しさで、憎悪とか悲しみとかどうでもよくなる。

体育の時間、校庭で大きな水晶を見つけた時のような、
帰り道、竹やぶで真っ赤な野イチゴを見つけた時のような、
放課後、近所の川ででっかいハサミのザリガニを見つけた時のような、
数々のささやかな喜びに似た感情がふつふつと湧いてくるのだ。

オリオン座を眺めていると、前にオリオン座を見ていたその時の自分を思い出す。

つらかった時、淋しかった時、楽しかった時。

いろんな時を思い出させてくれるオリオン座は、ボクの夜空のアルバムだ。


2004年08月14日00:16


980625_85.jpg

日のいづる方へ
やまない雨はないし、明けない朝はない。
しかし、やがてまた雨は降るし、闇夜もやってくる。
そんなことを書いた記憶がある。

同じ場所に留まって止まって停まって陽を待つのか。
留まって止まって停まって耐えられるのか。

僕が雨に打たれているならば、雨雲のないところまで。
闇夜にいるのならば、日のいづる方へ。
待っていないで歩き続けるべきだ。

日を待っていても雨に打たれたら意味がない。
ひたすら陽に向かい、
彷徨わず、
闇夜を切り裂き、
一瞬でも早く。
匍匐でもいいからその方角へ向かい辿り着きたい。


家康じゃ駄目だ。
鳴くまで待とうでは。
待っている間に息絶えてしまうかもしれない。

信長でも駄目だ。
殺してしまえ、は結局自害に等しい。

秀吉でも駄目だ。
太陽は、鳴かせられる、操れるものじゃない。
手品師や呪術師、祈祷師でも戦略家でも無理だ。

梟ではないのだから、心地よい闇夜などないのだ。
陽を浴びたいなら近づくことだ。一歩でも。
日のいづる陽のある方へ。

鳴かぬなら、いづらぬなら、自分で鳴こう不如帰。


以上、自戒。


d_01.gif
キミの涙が渇く時
ボロボロに泣いていたキミと、ボロボロのカラダの僕。
キミがドアを開けた瞬間、抱きしめることしかできなかった。
不器用な愛情表現でゴメン。

傷を舐めあう野良猫のようだね。
涙を流してちゃ前はよく見えないよ。
僕がいつでも拭いてあげるから、またドアを開けておくれ。

拭いてあげるだけで、キミにかけるに相応しい言葉が
どうしても見つからなかったんだ。ホントに不器用だな。

だけど人生におけるオアシスなんだ。キミの存在は。
僕がまた砂漠に発つ時、きっとまたキミの幻影を追って藻掻くんだろう。

いつか僕らは砂漠を抜けて、小さな小さな住処を作ろう。
きっとキミの涙が渇く時にそこは見つかるだろう。
そう思うだけでまた一歩、砂の泥濘に足を踏み出せるんだ。
オアシスで汲んだ涙を飲みながら。


2006年02月12日23:15
今朝、夢から醒めて気づいたこと
苦労した分の対価は、決してお金だけではないということ。


2005年08月29日09:05
copyright © 2007-2017 【大阪タワー☆忘れたい人】 all rights reserved.
全ての文章の無断複写複製を禁止します。
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。